このページの本文へ

テレビ用PCとしても使える

ASUS、Core i3/i5搭載の11ac対応小型ベアボーン「VivoPC VM60」

2014年03月17日 17時06分更新

文● ナカムラ/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「VivoPC VM60」

 ASUSTeKは3月17日、インテル Core搭載のベアボーンキット「VivoPC VM60」を発表した。19日より発売する。

天板はワンタッチで取り外しできる。「VivoPC VM40B」ではCeleron 1007UだったCPUがCore i3/i5に。また、筐体がシルバーからブラックになった。

 Core i5-3337U搭載の「VM60-G001M」とCore i3-3217U搭載の「VM60-G002M」の2モデルをラインアップし、予想実売価格はVM60-G001Mが4万9800円前後、VM60-G002Mが3万9800円前後。

 「VivoPC」は、家庭用テレビと接続しての利用を想定したシリーズ。VM60は2013年11月に発売した「VivoPC VM40B」の上位モデルで、天板を取り外してパーツの取り替えが可能なメモリー、ストレージ、OS非搭載のベアボーンキットだ。3.5インチと2.5インチ(ドライブトレイアダプター使用時)の2つのハードディスクタイプをサポートし、メモリーはSO-DIMMスロット×2(最大16GB)を備える。

 スマートフォンやタブレットからWi-Fi経由で操作する「リモートコンピューティング」機能、DLNA対応機器との接続、スマートフォンやタブレットとの自動同期機能をそなえる。

 2W×2ステレオフルレンジスピーカー、IEEE802.11a/b/g/n/ac無線LAN、Bluetooth 4.0を搭載する。インターフェースはHDMI、D-Sub 15ピン、USB 3.0×2、USB 2.0×4、MMC対応SDカードリーダー、ライン入力、ヘッドホン出力、マイク入力、S/PDIF出力を備える。サイズは、約幅190×奥行き190×高さ56.2mm、重量は約0.7kg。

■Amazon.co.jpで購入【従来モデル】

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中