このページの本文へ

ストレージ管理を容易にするポリシーベースの管理機能も提供

ヴイエムウェア、仮想共有ストレージ「Virtual SAN」を正式提供開始

2014年03月14日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 ヴイエムウェアは3月13日、「VMware vSphere」仮想環境向けのストレージ製品「VMware Virtual SAN」の正式提供開始を発表した。サーバー内蔵ドライブ(DAS)とサーバーサイドフラッシュを利用し、仮想的な共有ストレージを構成する。

Virtual SANは、各サーバー(ノード)上の内蔵ドライブとフラッシュを利用して仮想的に共有ストレージを構成する

 Virtual SANでは、多数(3台以上)のx86サーバーが内蔵するHDDとサーバーサイドフラッシュ(SSD、PCIeフラッシュ)を抽象化し、プール化することで、仮想マシン向けの共有データストアを提供する。「Software-Defined Data Center(SDDC)」を構成する要素の1つとして昨年8月の「VMworld 2013」で発表され、パブリックベータ版が提供されていた(関連記事)

 VMwareによれば、Virtual SANが形成する新しいストレージ階層はvSphereのカーネルに統合されており、フラッシュによる読み取り/書き込みキャッシングによって、高パフォーマンスなI/Oデータパスを提供する。発表によれば、32ノードクラスタのパフォーマンスは、読み取りのみで最大200万IOPS、読み取り/書き出しで最大64万IOPS。

 また、同社が掲げる“Software-Defined Storage”ビジョンの重要な要素として、ポリシーベースの管理機能を備えている。これは仮想マシンごとにストレージの可用性、パフォーマンスといったSLAを、ポリシーに基づいて設定できる機能。従来のデバイスベースの管理における複雑な設定が不要になるとしている。

 Virtual SANの市場想定価格は、1プロセッサあたり31万2000円から(コア、vRAM、VM数制限なし)、またVirtual SAN for Desktopの1ユーザーあたり市場想定価格は6000円からとなっている。

カテゴリートップへ

  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!