このページの本文へ

ASCII.jp編集部員イチオシの即買いアイテム ― 第8回

こんなリサイクルもアリ!?

不要なmicroSDカードを最大10枚まとめてSSDやUSBメモリーにする

2014年03月11日 22時17分更新

文● ナカムラ/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「10枚のmicroSDカードをSSD化するキット」価格は5980円。

 ガラケー時代からおなじみのmicroSDカードも、最近では大容量のものが随分安くなった。昔使っていたmicroSDカードを持て余している人は多いのでは? いまさら使わないけれど捨てるにはもったいない、余ったmicroSDカードを有効に活用できるガジェットが登場した。それが「10枚のmicroSDカードをSSD化するキット」だ。

 その名の通り基板に10個のスロットを備え、手持ちのmicroSDカードをセットして、USB接続のHDDケースに入れてパソコンでフォーマットすると、microSDカード枚数合計分の容量のSSDとして使えるのだ。対応するのは64GBまでのmicroSDカードで、最大640GBのSSDになる。

 もちろん市販されているSSDに比べると少し速度は劣るが、Serial ATA接続のカードとして、起動ドライブにも使用できる。USB接続のHDDケースに入て、外付けSSDとして使うことも可能だ。microSDカードは1/2/4/8/10枚で使用が可能。容量とメーカーを揃えないとうまく認識されないことがあるので注意が必要だ。

10個のスロット(CON_TN1~10)に、番号が小さいスロットから順にmicroSDカードをセットする。
余ったmicroSDカードを挿して実際に使ってみたところ、容量がバラバラだったためかうまく認識されなかった。

 64GBのmicroSDカードは安いものは4000円程で販売されているので、このキットを使えば4万円程度から640GB SSDが手に入ることになる。512GBのSSDが買える値段ではあるが……。もともと持っているmicroSDカードを活用できることを考えると、なかなかおトクではないだろうか。

■「10枚のmicroSDカードをSSD化するキット」


■関連サイト

カテゴリートップへ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン