このページの本文へ

デジタル映像の長期保存のための新ディスク規格

ソニーとパナソニック、次世代業務用光ディスク規格「アーカイバル・ディスク」を策定

2014年03月10日 17時38分更新

文● 行正和義

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
業務用次世代光ディスク規格Archival Disc(アーカイバル・ディスク)のロゴマーク

 ソニーとパナソニックは3月10日、デジタルデータを長期保存するアーカイブ事業の拡大に向け、業務用次世代光ディスク規格Archival Disc(アーカイバル・ディスク)を策定した。

 主にデジタル映像の保存に向けた規格で、光ディスクは温度・湿度の変化の影響を受けにくく、防塵性・耐水性に優れ、またフォーマット世代間の互換性が保証されているために将来にわたってもデータの読み出しが可能など、長期保存に向いている。

 Archival Discは当初1枚あたり300GBの追記型、片面3層の両面記録として策定しているが、トラックピッチ高密度化などの技術開発を進め、将来的には1枚あたり1TBまで大容量化する。

Archival Discのロードマップ

 規格策定によってデジタル映像のアーカイブ市場の拡大が期待されるほか、クラウドデータセンターなどで高まっているアーカイブのニーズにも対応するという。

■Amazon.co.jpで購入

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン