このページの本文へ

今、買うべき春デジギア2014 第5回

ASCII.jp編集部 スピーディー末岡がオススメ

「RT-N66U」は“買い”だ! —NASに迫る驚異の高機能11n無線LANルーター

2014年03月14日 11時00分更新

文● スピーディー末岡/高橋量

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

もはやNAS並み! あらゆる機能が勢揃い

 RT-N66U最大の魅力は、コンシューマー向けの無線LANルーターとは信じられないほど高度な機能を豊富に搭載している点だ。主な機能を表にまとめてみたが、一般的な無線LANルーターにはない機能を数多く用意しているのが分かる。特にファイル共有関連とセキュリティ関連機能については、市販のNAS製品と変わらないレベルだ。RT-N66Uはさまざまな用途に活用できる、非常にポテンシャルの高い製品だと言える。

「RT-N66U」搭載機能一覧(抜粋)
Cloud Disk USBで接続したストレージに外部ネットワークからアクセスする
SmartAccess LAN上の共有フォルダーにネット経由でアクセスする
SmmartSync USB接続のストレージをクラウドストレージと同期する
AiDisk USB接続のストレージをFTPサーバーとして利用する
ネットワークプリンターサーバー USBで接続したプリンターをネットワークで共有する
Servers Center 写真や動画、音楽再生用のメディアサーバーとして活用する
ゲストネットワーク 5GHz/2.4GHzそれぞれに最大3つのゲスト向けSSIDを設定可能
QoS 重要度の高いトラフィックの優先順位を上げることで通信速度を向上できる
ペアレンタルコントロール ネットに接続できる曜日や時間帯をデバイスごとに設定できる
VPNサーバー 外部ネットワークから自宅のネットワークに接続できる。プロトコルはPPTP
ファイアーウォール URLやキーワードでのフィルタリングに対応

初心者も分かりやすい管理画面「ASUSWRT」がスゴイ

 「ASUSWRT」と呼ばれる管理画面がグラフィカルで分かりやすい点も特徴だ。ソフトのインストールなどは一切必要なく、RT-N66Uの電源を入れると同時に利用可能になり、即座にセットアップや各種設定を行なえるようになる。また各コントロールのサイズが大きいので、スマートフォンやタブレットのブラウザーからでもストレスなく利用できる点もポイントだ。

図やアイコンなどが多用され内容がわかりやすい管理画面「ASUSWRT」

 各機能の項目には分かりやすい説明が表示されるので、初心者ユーザーでも難なく使いこなせるだろう。PCから有線接続した状態だと初回起動時に初期設定画面が自動的に表示されるため、接続のための面倒な操作も必要ない(無線LAN経由でも初期設定が可能)。

タブレットから設定する場合はまず暗号化されていないデフォルトのSSID「ASUS」に接続し、ブラウザーから「http://router.asus.com/」を開く

初期設定画面が表示されたら「GO」をタップ

ルーターへのログイン名とパスワードを入力し、「次へ」をタップ

SSIDと暗号化キーを設定し「適用」をタップすれば初期設定は完了

ブラウザーから「192.168.1.1」に接続後、ログイン名とパスワードを入力すると管理画面を利用できる

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン