このページの本文へ

茂木健一郎氏、金杉肇氏とのユニット「ハッカーズ」

堀江貴文が音楽活動を開始! ブルハで鍛えた声を披露

2014年03月07日 11時00分更新

文● 貝塚怜/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

堀江貴文氏、茂木健一郎氏、金杉肇氏によるユニット「ハッカーズ」

 オンキヨーエンターテイメントテクノロジーが、堀江貴文らによる音楽ユニット「ハッカーズ」の楽曲第一弾「ゼロ 〜裸の俺たち〜」を配信している。

結成のきっかけは堀江氏の著書「ゼロ」

 ユニットのメンバーは、堀江貴文氏、脳科学者の茂木健一郎氏、音楽家、メディアプランナー、ゲームプロデューサーなど多岐に渡る活動で知られる金杉肇氏。堀江氏の著書「ゼロ」に感銘を受けた金杉氏が楽曲を制作し、共通の友人である茂木氏に声をかけたかたちで発足した。

片時もiPhoneを手放さない堀江氏

 「ゼロ 〜裸の俺たち〜」は堀江氏の作詞による「ゼロでいい 裸の俺たちさ」といったストレートな歌詞と、パンクロック調のアレンジが印象的な楽曲。金杉氏によれば、パンク調に仕上げたのは「リスナーにストレートに歌詞を届けるには、技術に走らない方がいい」という考えからとのこと。

 またレーベルである「無修整レコード」について、「“無修整”には“歌詞を修整していない”の意味もある。メジャーなレーベルから音源を出す場合、歌詞が一部制限されてしまう可能性があるが、僕たちの場合はそれはない。メッセージ性を重要視したいからこそ、あえて自主レーベルという選択をしている」と語る。

“無修整”には“歌詞を修整していない”の意味もある、と金杉氏

堀江さんが音楽? 実はボイトレ経験あり!

 活動が多岐に渡る堀江氏だが、そのイメージはなかなか音楽活動とは結びつかない。ところが、GLAYのTERU氏に紹介されたボイストレーナーの指導を受けたこともあり、今回のレコーディングもトレーナーに習った発声法で臨んだという。堀江氏の歌声を注意して聴いてみよう。

 また、堀江氏はロックバンド「THE BLUE HEARTS」のファン。「カラオケではいつもTHE BLUE HEARTSの楽曲を歌う」「歌声はTHE BLUE HEARTSで鍛えられている」とも語る。

「堀江さん、音楽の才能あるんじゃないの?」と茂木氏

 茂木氏は今回の楽曲を「THE BOOMの島唄やTHE BLUE HEARTSの情熱の薔薇みたいに、繰り返し聞いても飽きない曲になればいい」と紹介。また堀江氏が「一度聴いただけで覚えた」と語ると、「堀江さん、一度聴いただけで覚えたなんて音楽の才能あるんじゃないの? 俺なんか30回くらい聴いたよ」と堀江氏の音楽的センスを評価するとともに、「堀江さんの一貫性がよく出ていると思う。本にも色々なことが書いてあるけど、それが全部入っている」と歌詞も賞賛。

 「耳と脳は近いし、音楽は耳から入ってきてダイレクトに脳に伝わる。メッセージを伝えるのにはとても適した形式」と本業の脳科学者らしい切り口で「音楽の強さ」も語った。

音源はハイレゾ品質。次作にも期待!

 ゼロは同社の音楽配信サイト「e-onkyo music」にて配信中。サンプリング周波数/ビットレート数は96kHz/24bitのハイレゾ品質で、価格は500円だ。ハッカーズは現在楽曲第2弾、第3弾を製作中。今後の活動にも期待したい。

カテゴリートップへ

週刊アスキー最新号

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

ASCII.jp Focus

MITテクノロジーレビュー

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

不正商品にご注意ください!

iPhone 11、ASCII徹底大特集!

アスキー・ビジネスセレクション

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

電撃モバイルNEO バナー

デジタル用語辞典

ASCII.jp RSS2.0 配信中