このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

スマホで始める「音楽アプリ部」 第35回

カフェの雰囲気、秋の虫の音、洗濯機の動作音まで……

集中力UP間違いなし!? 作業用BGMに使える音楽アプリ5選

2014年03月01日 12時00分更新

文● コジマ/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

アンビエントの巨匠が手がけた名作「Bloom」

Bloom App
価格¥400 作者Opal Limited
バージョン2.1.1 ファイル容量12.6 MB
カテゴリーミュージック 評価(4)
対応デバイス全機種 対応OSiOS 3.1.3以降

※Andoid版はなし

 「アンビエント」という音楽ジャンルの提唱者であり、今なお現役のミュージシャン、ブライアン・イーノが制作に関わったことでおなじみのアプリ「Bloom」。2008年に登場して以来、売れ続けている古株でもある。

 水面に雨粒が落ちるように、ぽつりぽつりと音が鳴っていき、ゆるやかに変化していくのがなんとも心地よい。音は自動で鳴り続けるが、画面をタップするとそこからまた音が生まれるので、積極的に叩いてもよい。イーノによれば、「プレイするもよし、プレイさせて見ているのもよし」とのことだ。

 兄弟アプリとして、線を引くとそれに反応してさまざまな音を出す「Troop」(App Storeで見る)、聖歌のような歌声と残響たっぷりのピアノが響く「Air」(App Storeで見る)もある。

水面に雨粒が落ちるように、ぽつりぽつりと音が鳴るのが心地よい。ぼんやり見ていても飽きない

ディレイの長さを調整したり、「ムード」で全体的な音色を変更することも可能だ

虫の音こそリラックスのカギ!? その名も「虫かご」

虫かご App
価格無料 作者STUDIO-KURA
バージョン1.2.0 ファイル容量3.8 MB
カテゴリーエンターテインメント 評価(3.5)
対応デバイス全機種 対応OSiOS 3.0以降

※Andoid版はなし

 こちらは超シンプル、虫の音を聴くことができるアプリ「虫かご」だ。アイコンといい、アプリ名といい、名は体を表すを地でいく一品といえる。

 アプリを起動すれば、そこはもう秋の野原。スズムシとコオロギが延々と鳴き続ける。機能も削ぎ落とされており、ボリュームの調整と、スリープタイマー機能しかない。

 ただし、スズムシ、エンマコオロギ、ツヅレサセコオロギの音色別に音量を調整できるという、よくわからないこだわりポイントもある。

何と単純明快な画面だろう。スライドバーでボリュームを調整する以外の機能はなし。あとはスリープタイマー

スズムシ、エンマコオロギ、ツヅレサセコオロギの音色別に音量を調整できる。ここはこだわりを感じる

番外:やっぱり作業用BGMはラジオという人へ「radiko.jp」

■iOS
radiko.jp App
価格無料 作者Alfredcore Inc.
バージョン4.1.2 ファイル容量4.1 MB
カテゴリーエンターテインメント 評価(2.5)
対応デバイス全機種 対応OSiOS 4.3以降
■Android
radiko.jp for Android
価格無料 作者株式会社radiko
バージョン端末により異なる ファイル容量端末により異なる
対応デバイスAndroid端末 対応OS端末により異なる

 「やっぱり作業中に聴くならラジオでしょ!」という人なら、日本のラジオ放送をインターネットで同時にサイマル配信(ライブストリーミング)する、IPサイマルラジオサービス「radiko.jp」の公式アプリがオススメだ。

 番組表を最大1週間分表示できるほか、番組情報や、放送されている楽曲情報などのトピックスも表示可能。もちろんバックグラウンド再生機能もばっちりで、ラジオを聴きながら他のアプリを利用できる。

 15分、30分、60分、90分で自動的にラジオ音声が止まるオフタイマー機能や、回線が途切れがちな場所でも音声が途切れにくくなるバッファ時間変更機能をそなえているのもうれしい。

番組情報や、放送されている楽曲情報などのトピックスがわかるのはスマホアプリならではだ

アプリ内で番組表が見られるのも便利。番組の検索機能や、アラーム予約機能などもある

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中