このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

T教授の「戦略的衝動買い」 第283回

世界最軽量級の「LG G FLEX」用カバーを衝動買い!

2014年02月26日 12時00分更新

文● T教授、撮影● T教授

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

超軽量ながらスマホケースの
最低限の役目を果たす

これぐらい指で曲げることも超簡単で決して割れない

これぐらい指で曲げることも超簡単で決して割れない

1gを計測できるキッチン秤で実測したらなんと8g。地上最軽量のケースかも!?

1gを計測できるキッチン秤で実測したらなんと8g。地上最軽量のケースかも!?

G Flex本体のハメるのもサンダルを履くように極めて容易。でも脱げない

G Flex本体にハメるのもサンダルを履くように極めて容易。でも脱げない

Vestケースを履いたG Flexを背面から見ても極めてタイトに貼り付いている

Vest Cover Caseを履いたG Flexを背面から見たところ。極めてタイトに貼り付いている

 Vest Cover Caseは、名前の通り人が着る“ベスト”(チョッキ)なので、不必要にスマホボディー全体をカバーすることなく、大事な部分だけを確実に保護する目的で作られたものだ。

 人が着る“防弾チョッキ”が心臓を中心に重要な内臓のほとんどを守るために存在するのと同じく、Vest Cover Caseはスマホの最大の弱点である4つのコーナーを確実に保護する目的で開発、製造された。

 そして、超軽量で、操作性にも違和感がないように、極めてフレキシブルなポリカーボネイト素材を用いて作られている。重さは実測たったの8g。以前、しばらくiPhone用の紙のケースを愛用していたことがあったが、感覚的にはそれとほとんど重量差はなく、スマホを守る堅牢性能は紙と比較して圧倒的だ。

スマホ本体を覆い尽くすようなプラスティックケースやシリコンケースのように、microUSBポート周りも過剰保護することなく必要な強度を出せるので、純正以外の多少ゴツイケーブルも使用できる

スマホ本体を覆い尽くすようなプラスティックケースやシリコンケースのように、microUSBポート周りも過剰保護することなく必要な強度を出せるので、純正以外の多少ゴツイケーブルも使用できる

Vestケースの端っこをよく見ると、爪で液晶保護ガラスの縁に食い込むように固定されている。本体が反ったG Flexとフレキシブルなポリカーボネイトのコンビネーションだからこそできる仕組みだ

Vest Cover Caseの端っこをよく見ると、爪で液晶保護ガラスの縁に食い込むように固定されている。本体が反ったG Flexとフレキシブルなポリカーボネイトのコンビネーションだからこそできる仕組みだ

当然、4つのコーナーは確実にプロテクトされている

当然、4つのコーナーは確実にプロテクトされている

筆者には無用だが、コーナー部分にあるワンセグアンテナ用の穴。国内発売されたG Flexにも対応しているようだ

(海外版G Flexを使用している筆者には無用だが)コーナー部分にあるワンセグアンテナ用の穴。国内発売されたG Flexにも対応しているようだ

 極めてフレキシブルなVest Cover Caseは、指先で摘んで180度近く折り曲げても折れることはない。G Flexの背面に吸い付くように貼り付き、大事な4ヵ所のエッジ部分を完璧に守ってくれる。

 国内発売された特徴的な曲面スマホであるLG G Flexには今後もさまざまな専用ケースやバンパーが登場するとは思うが、Vest Cover Caseは常に比較して、優越感を感じるためのBest(Vest)なケースの代表であることは間違いない。

■関連サイト

T教授

今回の衝動買い

アイテム:Vest Cover Case
(海外版G Flexで使用。国内キャリア版への装着は試していない)

価格:ウェブ通販で42ドル(約4300円、日本までの送料は含まず)で購入


T教授

 日本IBMから某国立大芸術学部教授になるも、1年で迷走開始。今はプロのマルチ・パートタイマーで、衝動買いの達人。
 T教授も関わるhttp://www.facebook.com/KOROBOCLで文具活用による「他力創発」を実験中。

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン