このページの本文へ

高画質と高速の両立を実現

東芝、スマホで240fpsのフルHD動画撮影が可能なCMOSセンサー「T4K82」

2014年02月20日 17時19分更新

文● ナカムラ/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

東芝、、毎秒240フレーム相当のフルハイビジョン動画撮影が可能な裏面照射型(BSI)CMOSイメージセンサ「T4K82」を製品化

 東芝は、スマートフォンやタブレット向けに、毎秒240フレーム相当のフルハイビジョン動画撮影が可能な13メガピクセルの裏面照射型(BSI)CMOSイメージセンサ「T4K82」を製品化。3月からサンプル出荷を開始する。

 従来のセンサーでは、高速で動画を撮影すると1フレームあたりの露光時間が短くなるため、高画質と高速の両立が困難だった。T4K82は、画像の明るさを最大4倍に高める「ブライトモード」を搭載し、明るく高画質なフルハイビジョン動画を、業界最速をうたう毎秒240フレーム相当で撮影できる。

 「ブライトモード」はインターレース形式で画像を出力することにより、2フレーム分の露光時間の確保し、各画素の明るさを2倍にする電荷加算方式を採用したことで、「ブライトモード」オフ時と比較して4倍の明るさを実現したとしている。

 インターレース画像は、同社が提供するプログラムを搭載したスマートフォンなどの機器上で処理することにより、劣化を抑えたプログレッシブ画像への変換が可能。

■Amazon.co.jpで購入【関連製品】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン