このページの本文へ

アップサンプリング機能を搭載して4万7250円

Olasonic、ハイレゾ対応の小型ネットワークプレーヤー「NANO-NP1」

2014年02月13日 16時30分更新

文● ナカムラ/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
Olasonic「NANO-NP1」(プラチナホワイト)

 東和電子は、Olasonicブランドから「NANOCOMPO」シリーズの第5弾として、ネットワークオーディオプレーヤー「NANO-NP1」を3月中旬に発売する。カラーバリエーションはプラチナホワイトとシルキーブラックをラインアップし、価格は4万7250円。

シルキーブラック

 NANO-NP1はDLNAに対応し、NASなどネットワークHDDの音楽をLAN経由で再生できる。ネットワーク再生の対応形式はFLAC、WAV、ALAC、AAC、WMA、MP3、AIFF。入力端子は、LAN、同軸デジタル、光デジタルの3系統を備える。出力端子は、同軸デジタル、光デジタルを搭載し、DAC搭載機器と接続が可能だ。

 バーブラウン製アシンクロナス・レートコンバーターを使用し、ジッターを低減している。すべての入力は48/96/192kHzのアップサンプリング切り替えが可能だ。

 スマートフォン・タブレット向けの専用のコントロールアプリ「ナノコントローラー」(仮称)や、汎用アプリによる操作が可能だ。本体操作は入力セレクターのみに絞り、使いやすさを追求したという。

 サイズは約幅149×奥行き160×高さ39mm、重量は830g。

背面にアップサンプリングの切り替えスイッチを搭載わかりやすさにこだわったという本体操作部
コントロールアプリ「ナノコントローラー」(仮称)
■Amazon.co.jpで購入【関連製品】

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ピックアップ

富士通パソコンFMVの直販サイト富士通 WEB MART