このページの本文へ

防水・耐衝撃モデル、マルチレコーディング機能搭載モデルも

オリンパス、光学50倍ズームでドットサイト標準装備の「STYLUS SP-100EE」など3モデル

2014年02月12日 17時32分更新

文● 松野/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

光学50倍ズームレンズを採用した「OLYMPUS STYLUS SP-100EE」

 オリンパスイメージングは2月12日、コンパクトデジタルカメラ「STYLUS(スタイラス)」シリーズの新製品3モデルを発表した。

 「OLYMPUS STYLUS SP-100EE」は、有効1600万画素、焦点距離24-1200mm(35mm判換算)の光学50倍ズームレンズを採用し、超解像ズームと組み合わせて最大100倍相当の望遠を実現する。デジタルカメラとして世界で初めてドットサイト式照準器を搭載しており、半透過型ミラーを通して肉眼と同じ視角で被写体を見られるため、ズーム状態でも対象を見失いにくいという。開放F値は2.9~6.5。

 また、秒間60フレームのフルHD動画撮影が可能。ハイブリッド5軸動画手ブレ補正を新たに搭載し、動画撮影時のブレ補正が強化されているという。

 寸法は約幅121.2×奥行133.2×高さ91.3mm、重量は約589g。価格はオープンで、3月下旬発売予定。

防水・耐衝撃などアウトドアで実力を発揮する「OLYMPUS STYLUS TG-850 Tough」

 「OLYMPUS STYLUS TG-850 Tough」は、水深10mの防水性能、高さ2.1mからの耐落下衝撃性能、最大100kgfの荷重にも耐える堅牢性をそなえているという。-10℃まで耐える耐寒性能に加え、砂やホコリからカメラを守る防塵設計を採用し、アウトドア環境での快適な動作をうたう。有効1600万画素、超広角の焦点距離21-105mm(35mm判換算)光学5倍ズームレンズを搭載。

 また、Toughシリーズで初めてチルト液晶を採用している。3.0型46万ドットの高精細液晶が180度可動することで、ローアングルから自分撮りまで自由自在に行なえるという。

 寸法は約幅109.9×奥行27.6×高さ64.1mm、重量は約218g。価格はオープンで、3月下旬より発売予定。

GPSと電子コンパスを内蔵した「OLYMPUS STYLUS TG-835 Tough」

 「OLYMPUS STYLUS TG-835 Tough」は、TG-850と同等のタフネスに加え、GPSと電子コンパスを内蔵する。写真に位置情報を記録でき、GPSロガー機能を使用すればPC上で移動の軌跡を表示することも可能だ。有効1600万画素、焦点距離28-140mm(35mm判換算)の光学5倍ズームレンズを採用している。

 本機の特徴がマルチレコーディングの「フォト・イン・ムービー」機能で、フルHD動画を撮影しながら、1600万画素の写真を同時に撮影できる。スポーツシーンや競技など撮りなおしのできないシーンでも同時記録が可能だという。ほかに、シャッターを押したタイミングの3秒前、5秒前、7秒前から撮影後0秒、3秒後までを自動的にムービーで記録する「回想フォト」機能を搭載する。

 寸法は約幅109.5mm×奥行28.4×高さ66.5mm、重量は約214g。価格はオープンで、2月28日より発売予定だ。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン