このページの本文へ

CP+2014に合わせて春のデジカメ最新機種を最速チェック!!第2回

キヤノン or ニコン!? デジイチ新製品を比較する!

2014年02月12日 14時00分更新

文● 周防克弥

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

「自分撮り」ならぬ「自分も一緒撮り」ができる
キヤノン PowerShot N100

薄くスマートなデザイン
薄くスマートなデザインの「PowerShot N100」

 「PowerShot N」といえば、昨年発売された真四角なデザインが特徴的なデジカメが思い浮かぶが、今回のPowerShot N100は、パッと見た感じは普通のコンデジに近い。

 特徴的なのは背面側の上部に備わったカメラだ。スマホでいうところのインカメラがあり、被写体だけでなく、撮影者までも同時に撮影することが可能になっている。

背面モニターは3型(92万画素)でタッチ対応。上部にファインダーっぽく見えるのがインカメラだ
背面モニターは3型(92万画素)でタッチ対応。上部にファインダーっぽく見えるのがインカメラだ
背面モニターは上方に90度までチルトする ポップアップ式の内蔵ストロボを備える
背面モニターは上方に90度までチルトするポップアップ式の内蔵ストロボを備える
本体右上に撮影モード切り替えレバーがあり、左にすると普通の静止画オートモード、真ん中にすると静止画もしくは動画撮影時にインカメラで静止画が記録される。右にすると静止画もしくは動画撮影時にインカメラで動画が記録される
左は電源オン時、右はオフ時の上面。中央部分にステレオマイクが備わる。静止画用のシャッターボタンの右側には大きめの動画用ボタンがある

 静止画や動画を撮りながら撮影している本人も一緒に撮影される「デュアルキャプチャー」機能を搭載している。被写体だけが写るのではなく、撮影者も一緒に写ることで撮影時の状況が後からでも判断でき、写真を見て後からも楽しめる機能だ。記録するという写真の楽しみ方の1つとしてかなり面白い使い方ができるのではないだろうか。

 背面側のカメラの横にある「ストーリーハイライトボタン」を押すと、日付や人物などから自動的に写真がピックアップされ、1つの動画として編集される。選ばれる画像は露出や人物の大きさや表情の変化、構図まで解析され、同じような写真が並ばないように繋ぎ合わされる。もちろん、自分で写真を選ぶことも可能だ。

側面にはNFCのマークとWi-Fiの起動ボタンがある
側面にはNFCのマークとWi-Fiの起動ボタンがある
無線LAN機能搭載でスマホと接続できる。カメラとスマホを直接接続できるほか、既存のネットワークにも接続も可能だ

 基本的なスペックは普通のフルオートのコンデジで、1/1.7型のCMOSセンサーに手ブレ補正機能が搭載された35mm版換算24mmから120mmの光学5倍ズームを採用。背面側のカメラは25mm相当の広角レンズが搭載されている。

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン