このページの本文へ

CP+2014に合わせて春のデジカメ最新機種を最速チェック!!第2回

キヤノン or ニコン!? デジイチ新製品を比較する!

2014年02月12日 15時45分更新

文● 周防克弥

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

感度別撮影サンプル

ISO 100

ISO 100

ISO 200

ISO 200

ISO 400

ISO 400

ISO 800

ISO 800

ISO 1600

ISO 1600

ISO 3200

ISO 3200

ISO 6400

ISO 6400

ISO 12800

ISO 12800

ISO 25600

ISO 25600

 最高感度はISO 25600相当までだが、これは増感処理での設定となる。常用感度としてはISO 100~12800まで。ディテール重視だがちょっとノイズは多めで、ISO 1600あたりから目立ってくる。

 ISO 6400を超えたあたりから細部の再現性に若干の影響がでてくるが、ISO 12800まで上げても意外にノイズの増加は少なく、画像の破綻はない。増感処理のISO 25600相当だとディテールも甘くなるが、記録画素数が2.4Mを越えているため、フルHDモニターで見るようなサイズまで(約25%程度)縮小してしまうと若干ノイジーではあるが十分に実用性はある。

エフェクト機能も充実!
撮影後に追加でエフェクトを付与する機能も

 エフェクト系の機能も13種類備わり、撮影時だけでなく撮影後の画像に後から処理を加えることも可能。それぞれ効果的で面白味がある。フルHDでの動画撮影にも対応している。

エフェクト処理の撮影サンプル

ナイトビジョン

ナイトビジョン

極彩色

極彩色

ポップカラー

ポップカラー

フォトイラスト

フォトイラスト

カラースケッチ

カラースケッチ

トイカメラ風

トイカメラ風

ミニチュア効果

ミニチュア効果

セレクトカラー

セレクトカラー

シルエット

シルエット

ハイキー

ハイキー

ローキー

ローキー

HDRペインティング

HDRペインティング

かんたんパノラマ

かんたんパノラマ

 エフェクトをかけて撮影した画像に更にエフェクトを付与したのが下の写真。新しく画像が保存されるので重ねがけも可能だ。

左がカラースケッチで撮影した写真で、右は撮影後に魚眼効果を加えたもの

通常撮影の写真(左)にソフトのフィルターを付与(右)

普通に撮影した画像にカラースケッチを適用させた。なんでもない写真でもちょっとした効果を加えて楽しめる

まずは入門用で購入しても
レンズのアップグレードで上位機種に負けない写真も撮れる

新しいレンズキット用ズームレンズは沈胴式になっており、収納時にはコンパクトになる。左は使用時(55mm)で右は収納時

 最新機能を持ったエントリーモデルは何かとお得感がある。十分な画素数は撮影後のトリミングにも耐えられ、ローパスフィルターレスになったことで解像感がかなり向上している。

 レンズさえ選べばフラッグシップモデルに負けない写真を撮れる。はじめてのデジイチとして優しい機能もあり、単純に最新機能を味わいたい人にもおすすめめだ。

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン