このページの本文へ

シンガポール国内にデータセンターを開設

バックボーンも延伸!シンガポールでも「IIJ GIO」スタート

2014年02月05日 15時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 2月5日、インターネットイニシアティブ(IIJ)はシンガポール国内でクラウドサービス「IIJ GIO Singaporeサービス」を開始することを発表した。提供開始は2014年3月3日になる。

 IIJ GIO Singaporeサービスは、同社が国内で展開している「IIJ GIOサービス」で培ってきたサービス運用ノウハウを活用し、高品質なサーバー環境を提供する。安定したクラウド基盤上で、豊富なサーバーラインナップと接続機能、運用監視サービスなどを組み合わせて柔軟なシステムを構成できるという。

 サーバーの種類は、「仮想化サーバタイプ」と「専有サーバタイプ」から、顧客の利用用途に応じて選択できる。また、海外で提供するIIJ GIOサービスとしては初めて、VMwareの仮想化基盤を提供する「仮想化プラットフォーム VWシリーズ」を提供するという。

 IIJではIIJ GIO Singaporeサービスの提供に先立ち、シンガポール国内のパヤレバ地区にデータセンターを開設。同時に、自社のバックボーンネットワークをシンガポールと香港に延伸したという。日・英・米・アジアを大容量回線でつないだ高速バックボーンに直結したデータセンターでは、ユーザー個別のIT機器を預かるハウジングサービスとして「IIJデータセンターサービス」とインターネット接続回線を提供する。さらに、ハウジングのラックはIIJ GIO Singaporeサービスとの接続が可能となっており、データセンター内の自社サーバー設備とクラウドを組み合わせたハイブリッドクラウド環境を構築できるという。

 さらにIIJグループのシンガポール現地法人であるIIJ Global Solutions Singapore Pte. Ltd. と連携し、現地の事情に合わせたネットワーク構築やシステムインテグレーションの要望に、より迅速に応える体制を強化したという。

 IIJグループでは、海外においてすでに米国、中国、欧州でクラウドサービスを提供している。今回の東南アジア地域でのサービス開始により、日本を含めて世界5極にクラウドサービス基盤が整備されたことになるという。

IIJ GIOの海外展開(同社サイトより抜粋)

■関連サイト

カテゴリートップへ

ASCII.jp特設サイト

クラウド連載/すっきりわかった仮想化技術

ピックアップ