このページの本文へ

2人に1人が「食品・飲料の値上げが家計を圧迫」を実感

2014年02月03日 01時09分更新

記事提供:WPJ

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

image 住信SBIネット銀行は1月31日、住信 SBI ネット銀行の口座を保有する顧客に「値上げに関する消費者意識調査」の結果を公表した。

 調査は1月7日~1月14日にかけて行われ、4341人から回答を得た。調査結果によると、値上がりが辛いと感じた商品は1位「ガソリン」、2位「食品・飲料」、3位「電気」。今後の値上がり予想は1位「電気」、2位「食品・飲料」、3位「ガソリン」だった。また5人に1人が「これ以上の値上げに家計が耐えられない」と回答した。

 飲料の値上げが家計を圧迫」と実感していた。買い控え行動は魚介類で顕著だった。

 消費税増税と駆け込み購入については、7割が「消費税増税は家計悪化の追い打ち」、3割半が「食料品・飲料の増税前駆け込み購入を予定」、4割が「駆け込み購入の予定なし」と回答した。なお、デフレ脱却については、8割半「デフレ脱却には賃金の上昇が必要」、6割が「経済再生に必要」、5割が「家計を苦しめる」と回答。4人に1人が「近い将来ハイパーインフレが起こる」と予想した。

 ■「調査結果」(https://www.netbk.co.jp/wpl/NBGate/i900500CT/PD/mg_notice_140131_enq

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く