このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

最新端末を丸裸! スマートフォン定点観測第71回

ハイエンドAQUOS PHONE3機種のカメラに違いはある?

2014年02月03日 15時45分更新

文● 小林 誠、ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

翻訳ファインダーは
どんな機能だろう?

 最後に各機種の機能を見ていくのだが、ハッキリ言ってほとんど同じだ。なにしろ多機能なので、3機種ともスキが無い。シーン設定には多焦点撮影が加わり、ピントを自在に設定可能。画像編集アプリも、細かくて多彩。ただ前述したように「翻訳ファインダー」の有無がある。

AQUOS PHONEらしく、とにかく高機能なカメラ。それらの機能に3台で大きな差は無い

 そこでAQUOS PHONE Xxの「翻訳ファインダー」を使ってみる。この機能は英語の看板などをリアルタイムで翻訳して日本語を表示してくれる機能だ。カメラのファインダーに表示された英文が和訳され、さらに撮影して原文と翻訳文を保存することも可能。それらの文章をコピーしてメールなどにペーストしてもいい。

カメラに映した英語を単語レベルで自動で日本語に翻訳してくれる

 ただ長い英文を一気に翻訳する機能ではない。看板や料理のメニューといった、単語レベルで日本語を知りたい場合に効果を発揮する。というわけで最も活躍するのは海外旅行だろう。英字新聞や海外商品のパッケージや説明書を翻訳したが、「なんとなく意味が分かるかな?」というくらいで、英文が一発で訳されるほどではない。機械翻訳レベルと考えれば十分だが、あまり期待し過ぎてもいけない印象だ。

 ただし普段ネットの翻訳サイトに、英文をコツコツ入力して翻訳する、という手間を考えれば、翻訳ファインダーですぐにパッと見られるのは魅力だ。翻訳の精度が上がってくればかなり便利になるはずだ。


カメラ比較は総合でも引き分け……
本当に同じ結果になり難しい

 今回の勝負は引き分け。たしかに本当に些細な差はあったが、スピードチェック以上に難しい判断になる。「翻訳ファインダー」もキラーアプリというには惜しい感じで決め手にはならない。引き分けというほかない。

 次回はAQUOS PHONE比較では最後のスタミナチェック。まさにこのシリーズのもっとも得意とするところだろう。高いレベルでの勝負となるのは間違いなく、意外と3機種には違いもある。このスタミナチェックで決着がつくはずだ。


前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン