このページの本文へ

フレームから逃げそうな被写体もすかさず追える

オリンパス、米でドットサイト内蔵超望遠ズームカメラ「SP-100」を発表

2014年01月31日 18時12分更新

文● 行正和義

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
ポップアップしたフラッシュと本体の間にドットサイトが展開する

 オリンパスイメージングUSAは、ドットサイトを本体に内蔵した超望遠デジカメ「STYLUS SP-100」を発表した。

赤いドットが照準となり、光学的なしくみにより若干斜めから見ても光軸の先にドットが来るようになっている

 光学50倍ズーム(35mm換算24~1200mm)、F2.9~6.5の超望遠ズームレンズ、1600万画素CMOS撮像素子を搭載するレンズ一体型望遠デジカメ。レンズシフト式光学式手ぶれ補正、1080/60p動画撮影、EVF/3型背面液晶などを装備する。

望遠にすると大きく伸長からしてもタダモノではない印象を醸し出している

 軍艦部の内蔵フラッシュをポップアップすると組み込まれたドットサイト(ダットサイト/ガンサイトなどとも呼ばれる)が利用できるのが大きな特徴。ドットサイトは光学的なしくみによってLED光(ドット)をハーフミラーに反射、短い距離でも正確に照準できる装置で、拳銃や小銃の照準装置として用いられる。望遠拡大する機能は一般的に持たないが、この種の補助照準装置は野鳥撮影やスポーツ撮影シーンで多く用いられる。望遠レンズを装備したカメラでは、拡大されたファインダーを覗いた状態で動きの速い被写体を追いにくく、倍率の低い(視野の広い)補助サイトを併用もしくはそちらを中心に使うことになる。バードウォッチング用のフィールドスコープやデジスコ(望遠鏡とデジカメを併用する望遠撮影)器具としてはこの種のサイトが付属、または装着可能になっているものも多い。

レンズ収納時はかなりコンパクトなので野鳥撮影など手軽に楽しめそうだ

 SP-100は光学50倍という超望遠レンズを活かした野鳥撮影やレースなどのスポーツシーンで、ドットサイトはかなり重宝しそうだ。本体サイズは幅121.2☓高さ91.3☓奥行き133.2mm、重量は589g。価格は399.99ドルで現在プレオーダー中、日本での発表/価格は未定。

■Amazon.co.jpで購入

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン