このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

前田知洋の“タネも仕掛けもあるデザインハック” 第35回

あえてデジタル・デトックスをしない…という選択

2014年02月07日 09時00分更新

文● 前田知洋

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

Skypeなどで友達とダラダラと会話する

 気の知れた友人と、たわいのない話をダラダラとする。それだけでもセロトニンが分泌されて憂うつな気分を和らげたり、ストレスを解消する働きがあるといわれています。なにも、悩みの相談をする必要はありません。

 ムダ話チャットのポイントは、意見が対立したり、議論になったりする話題を避けること。夕食後の時間ならお互いにイライラすることもないでしょうし、共通のサイトや画像をみながらバカな感想を言い合う。または、最近観た映画や読んだ新刊などの話でつなげていくと、いつ会話をやめてもいいので気を遣う必要はありません。

 ただし、相手にも予定があるはず。昼間にでも「今日の○時くらいからチャットしない?」とザックリとした約束をしておきます。こうしたダラダラ会話は、リラックスができるだけでなく、それがヒントになり、新しいプロジェクトに結びつく、なんてことも……。そんなクリエイティブな心の動きがストレスを軽減させることも度々あります。

ストレスを減らすポイントは「解決を焦らない」

どんなときも、ゴキゲンでいるのも仕事のうち

 効果のあるストレス解消法は、ストレスの対象と向き合うことではなく、自分の心と向き合うことだと筆者は思っています。苦手なモノや相手を避けられるなら、それでいい。でも、結局は自分の心と向き合って、何が嫌なのか、どう不安なのかを自分でみつける必要があるはずです。そして、どう折り合いをつけるか。ストレスを避けようと、焦りすぎると解決法はなかなかみつかりません。とりあえず、まずはストレスを減らしながら、上手に共存することから始めてみてはいかがでしょうか。 

前田知洋(まえだ ともひろ)

 東京電機大学卒。卒業論文は人工知能(エキスパートシステム)。少人数の観客に対して至近距離で演じる“クロースアップ・マジシャン”の一人者。プライムタイムの特別番組をはじめ、100以上のテレビ番組やTVCMに出演。LVMH(モエ ヘネシー・ルイヴィトン)グループ企業から、ブランド・アンバサダーに任命されたほか、歴代の総理大臣をはじめ、各国大使、財界人にマジックを披露。海外での出演も多く、英国チャールズ皇太子もメンバーである The Magic Circle Londonのゴールドスターメンバー。

 著書に『知的な距離感』(かんき出版)、『人を動かす秘密のことば』(日本実業出版社)、『新入社員に贈る一冊』(共著、日本経団連出版)ほかがある。現在、ビジスパからメルマガ「Magical Marketing - ソシアルスキル養成講座 -」を配信中。

■関連サイト

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事
最新記事
最新記事

アスキー・ビジネスセレクション

ASCII.jp ビジネスヘッドライン

ピックアップ