このページの本文へ

インターネットVPNとIP-VPNを選択できる

NTT Com、Cloud(n)の「Compute(VPCタイプ)」を提供

2014年01月29日 14時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 NTTコミュニケーションズは、パブリッククラウドサービス「Bizホスティング Cloud(n)」において、VPNなどのセキュアなネットワークと接続された仮想サーバー環境を業界最安値で利用できる「Compute(VPCタイプ)」を、2014年1月30日より提供開始する。

 Compute(VPCタイプ)は、インターネットVPNやIP-VPN(Arcstar Universal One)と接続されたプライベートネットワークセグメントに仮想サーバーを構築可能なパブリッククラウドサービス。仮想サーバーから各種ネットワークへの即時接続や拡張が可能であり、利用帯域やトラフィック量にかかわらず定額で利用できるという。

 インターネットVPNとの接続が可能な「Compute(VPCタイプ OpenNW)」、Arcstar Universal Oneとの接続が可能な「Compute(VPCタイプ ClosedNW)」の利用を提供。用途に合わせて、セキュアなWebシステムやイントラネットをスピーディに構築できるという。

契約ごとにバーチャルルーターが提供されるCompute(VPCタイプ OpenNW)
Arcstar Universal Oneを使うCompute(VPCタイプ ClosedNW)

 提供は日本データセンターで、今後は米国データセンターやAPACへの拡大も予定。また、アンチウイルスといった仮想サーバーのセキュリティ対策メニューも追加していくという。

カテゴリートップへ

ASCII.jp特設サイト

クラウド連載/すっきりわかった仮想化技術

ピックアップ