このページの本文へ

Windows 8.1やWindows Server 2012 R2に対応

カスペルスキー、法人向けセキュリティ製品の最新版提供

2014年01月27日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 カスペルスキーは1月23日、法人向けセキュリティソフトウェア「Kaspersky Endpoint Security 10 for Windows」および「Kaspersky Security Center 10」の最新版の提供を開始した。Windows 8.1やWindows Server 2012 R2に対応した。

 Kaspersky Endpoint Security 10 for Windowsは、マルウェアやネットワーク攻撃などの脅威からWindows PC/サーバーを保護する製品。新版(MR1-ビルド10.2.1.23)ではサポートOSとして、Windows 8.1 Pro/Enterprise x86/x64、Windows Server 2012 R2 Essentials/Standard x64、Windows Embedded POSReady 7 x86/x64、Windows Embedded Standard 7 SP1 x86/x64が追加された。また、一部Javaアプリケーションが正常に機能しないなどの問題、バグの修正も行われている。

 Kaspersky Security Centerは、「Kaspersky Endpoint Security for Business」に含まれるクライアントセキュリティ監視/管理ソフトウェア。新版(MR1-ビルド10.1.249.0)では、サポートOSにWindows Server 2012 R2が追加されたほか、ネットワークエージェントのパフォーマンスがVDIモードでの使用向けに改善されている。

カテゴリートップへ

ピックアップ