このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

マイクロソフト・トゥディ第79回

ITで人材を生かし、企業を活性化する—日本MS 樋口社長・パソナ南部代表対談

2014年01月23日 21時00分更新

文● 大河原克行

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 人材ビジネスを展開するパソナは、日本マイクロソフトの「Office 365」を導入し、ワークスタイルの変革に取り組んでいる。ITを活用することで働き方を改革し、将来的には「雇用」という概念をなくすツールにもなりうるとみる。新春特別企画として、日本マイクロソフトの樋口泰行社長と、パソナグループの南部靖之グループ代表の2人の対談の後編をお届けする。今回は、人材に対する考え方などについて語ってもらった。

パソナグループの南部靖之グループ代表日本マイクロソフトの樋口泰行社長

今の学生に感じる、3つの違い

樋口 最近の学生に関して、何か感じることはありますか?

南部 20年前の学生と今の学生を比べると、3つの違いを感じます。ひとつは、体力がなくなった(笑)。ラグビーをやっている学生でも、体力がない。私は学生のときに鉄下駄をはいて学校に通っていましたよ。高校時代でも上はランニングシャツで、半ズボン。赤白の帽子をかぶって通っていた。

樋口 今だったら捕まりますよ(笑)

南部 2つめは賢くなったということですね。英語力もある。いろんなことも知っている。知識を多く持っている。しかし、そのせいか、迷うことが多い。いくぞ、という決断がなかなかできない。私の経験からいえば、社会人になると、知識よりも行動の方が勝ったということの方が多いんです。いろんな人に出会うから情報が入る。人と出会うところからビジネスが始まる。今の若い人は夜遅くまで残って勉強するのは好きで得意みたいだが、行動は苦手。知識を持つことはいいが、もっと行動してほしいと思う場面が多いですね。

樋口 行動するだけの体力もないのかな(笑)

南部 私は、3000人ぐらいと腕相撲をやっても、これまで負けたことがない。毎日1時間30分から2時間は運動していますよ。それと、20階まではエレベーターを使わないことに決めている。理由は、マンションの部屋が21階ということもあるんですが(笑)。会社でも私の部屋がある9階までは歩いています。健康な身体は財産。よく寝て、よく食べて、よく運動をするということは大切なことなんです。

樋口 3つめはなんですか。

南部 社会的な活動に参加する人が増えたという点ですね。これは、大変素晴らしいことです。以前は、親や家族を食べさせなくてはいけない、あるいは自分のことで精一杯という場合も多かった。しかし、そうした若者が減ってきている。生活に余力が出てきたという部分もあるのでしょう。

樋口 子供の時の夢は、たこ焼きを腹一杯食べることでしたよ。当時は、3つ10円でしたが、これを100個ぐらい食べたい。いつか食べてやると思っていましたよ(笑)。

南部 ただ、裏を返せば、ハングリー精神がなくなっている、といえるかもしれませんね。大きな問題は、就職できない若者が多いということなんです。リーマンショック後は、56万人が大学卒業して、そのうち17〜18万人がフリーターになった。今年は55万人卒業して、12万人がフリーター。これだけのフリーターが毎年生まれているわけです。

 私は、自らの経験から、「若者は、よみがえる」と思っているんです。ある瞬間に変わることがある。私は、大学を卒業してすぐには就職しなかったんです。ところが、4月1日にまわりを見たら、みんな就職して、ネクタイを締めて、背広を着ている。そして、25日にはみんな給与をもらって、両親にプレゼントをしている。それをみて、これはいけないと思った。そこから無茶苦茶に働こうと思った。それまでは超落ちこぼれだったんですよ。この経験から、若者は何かをきっかけにして、よみがえることができるんだという信念がある。だからこそ若者を支援していきたいと考えているんですよ。

樋口 日本マイクロソフトがほしい社員というのは、グローバル感覚があり、本社の考えを日本で実行できるスキルと、かつ日本の顧客、日本のパートナーと高い親和性を持って付き合いができる人材ですね。

 グローバル感覚がある人は、日本的感覚がないというケースもあるが、デュアルカルチャーが、日本マイクロソフトの社員には求められている。これは、今や日本のあらゆる企業がグローバル化する中で、日本全体に求められているスキルといえるのではないかと思っているんです。グローバル感覚と、日本的なところを理解しないとイノベーションは起こせないと思います。当然のことですが、協調性や行動力、決断力は必要最低限の要素ですね。

南部 それは同感ですね。

前へ 1 2 次へ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン