このページの本文へ

展示や実験コーナーで科学や技術を紹介

「東芝未来科学館」が川崎ラゾーナにオープン、国の重要文化財の展示も

2014年01月24日 06時00分更新

文● 八尋/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
国の重要文化財「万年自鳴鐘」などを展示する「東芝未来科学館」

 東芝は1月23日、同社のスマートコミュニティーセンター内に、「東芝未来科学館」をオープンすると発表した。1月31日の12時にオープン予定で、入場料は無料。

 東芝未来科学館は、1961年から2013年9月まで川崎市幸区小向で開館していた「東芝科学館」をリニューアルしたもの。同社ブランドの発信拠点及び地域社会との文化交流拠点として、科学や技術を展示し、年間30万人の来場者を目指すという。

創業者の田中久重や藤岡市助が生み出した国の重要文化財「万年自鳴鐘」や日本初の白熱電球などを展示マシンに乗り込みハンドルを操作して、ナノの世界を自由に移動できるアミューズメント

 館内は、スクリーンで同社が目指す近未来や快適な暮らしを紹介する「ウェルカムゾーン」。創業者の田中久重や藤岡市助が生み出した国の重要文化財「万年自鳴鐘」や、同社の歴史の中で、開発当時は日本初/世界初だった製品・技術を展示する「ヒストリーゾーン」。6つのテーマごとに技術や製品についてパネルやアミューズメントを使用して紹介する「フューチャーゾーン」。子供達が科学技術を体験型のイベントや展示を通じて楽しめる「サイエンスゾーン」で構成されている。

 また、特定のテーマで期間を区切って実施する企画展示も予定している。オープニング企画では、同社と川崎市が取り組むスマートコミュニティーを紹介する「スマートコミュニティ 東芝×かわさき」を実施。川崎市を舞台にしたウェブアニメ「ダブルサークル」や、忍者のポーズを真似すると水遁の術/火遁の術がスクリーンに表示される「スマート忍者」などの展示を通して事業を紹介する予定だ。

東芝未来科学館 概要

・住所
神奈川県川崎市幸区堀川町72-34 スマートコミュニティーセンター内2階
・開館時間
火~金:10時~18時
土、日:10時~19時
・休館日
月曜日及び東芝科学未来館が定める日

カテゴリートップへ

東芝ダイレクト

東芝ダイレクト

東芝ダイレクト

東芝ダイレクト

東芝ダイレクト

東芝ダイレクト

東芝ダイレクト

東芝ダイレクト

東芝ダイレクト

インテルバナー