このページの本文へ

独創的なツイン・イコライズド・エレメント方式を採用した異次元の音

元ソニー技術屋のコラボイヤホン「TH-F4N」はカナル型の快作だ

2014年01月25日 12時00分更新

文● 四本淑三 

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

難点は装着安定性と音漏れ

 TH-F4Nのイヤーピースには定評のある Comply製が付属する。ライブステージ用のイヤーモニターや、バランスド・アーマチュア型の高級カナル型でよく使われているもの。低反発ポリウレタン素材で柔軟に形を変え、耳穴にフィットして、快適性を犠牲にすること無く高い遮音をもたらす。

TH-F4Nには Comply製イヤーピースのM、Lサイズが付属する

 ただし、TH-F4N本体には、モニター系イヤホンのケーブルのような耳へのハンガー機構はなく、イヤーピースのみで自重を支える構造になっている。だから装着性に難はないが、その代わりしっかり装着しなければ外れやすい。エンクロージャーが外に張り出しているイヤホン自体の構造もあって、イヤーピースにかかる荷重が大きいこともある。

 もうひとつの難点は、チューニング用のサウンドホールがエンクロージャーの前後と中央に開いているため、密閉型のカナルタイプとしては音漏れもあることだ。遮音は確保されているので、ボリュームをむやみに上げることもないと思うが、電車で隣り合う人には少々気を使うかもしれない。

前面に三日月スリット状のサウンドホールがあり、ここからドライバ正方向の音が抜ける

背面にも同じ形状のサウンドホールがあり、ここからも音が抜ける

 そして、もうひとつ難点があるとすれば、絶対的な生産数は限られていること。TH-F4Nは手作りで組み立てられているそうで、販売は限られた店でのみ取り扱いされているだけだ。

プラグには国内生産を示す「JAPAN」の文字が。ハンドアセンブルの割に価格は抑えられているように思える

カテゴリートップへ

週刊アスキー最新号

編集部のお勧め

ASCII倶楽部

ASCII.jp Focus

MITテクノロジーレビュー

  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!
  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌

不正商品にご注意ください!

アスキー・ビジネスセレクション

プレミアム実機レビュー

ピックアップ

電撃モバイルNEO バナー

デジタル用語辞典

ASCII.jp RSS2.0 配信中

今月のピックアップ動画