このページの本文へ

ソニー、AV開発に使う音響解析技術を活用したテニス向けデバイス発表

2014年01月20日 20時30分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
Smart Tennis Sensor

 ソニーは1月20日、プレイヤーのショットを分析し、スマホやタブレット上に結果を表示する、テニスプレイヤー向けセンサーデバイス「Smart Tennis Sensor(以下、スマートテニスセンサー)」を発表した。発売は5月下旬を予定とのこと。

 スマートテニスセンサーは、対応ラケットのグリップエンド部に装着して使う、ラケット装着型の機器だ。打ったその場でショットの分析をし、iOS/Android向けアプリに表示する仕組み。分析するデータは、ショット数/インパクト位置(ラケット上でボールを捉えた位置)/スイングの種別/スイング速度/ボールの速度(初速)/ボールの回転など。スイングの種別はフォアハンド、バックハンド(ともにスピン/フラット/スライス/ボレー)、オーバーヘッド(スマッシュ、サーブ)を分析可能だという。デバイスからスマホアプリへのデータ転送はBluetoothを経由する。

 発表に際し、ソニー株式会社 業務執行役員の古海氏は「CESでは『Play』というキーワードを中心にいろいろな提案をした。Playというのは、Play MusicやPlay Sportsなど、非常に広がりのある言葉だと思っており、ソニーはそういった音楽やスポーツなどに広がりを持たせ、いろいろな体験をお客様にご提供したいと考えている。本日はその『Play Sports』という切り口で、スマートテニスセンサーを紹介したい」と述べた。

「テニスというと、自分がどのようにプレイしているのかを客観的に見て、分析した情報をなかなか取るのが難しい。そこでソニー独自の技術を盛り込み、自分のテニスプレイを見る、盛り上がる、そして楽しんでもらう体験を手伝いたい」と語る古海氏

ソニーオーディオチームの知見を用いた新技術搭載

発表会で商品の説明をした中西吉洋氏いわく「テニスが好きなエンジニアが言った『データが取れたらもっと面白いのでは?』一言から始まった」と開発の始まりを語ってくれた

 スマートテニスセンサーには2つのセンサーが搭載されている。ひとつは振動を解析する「振動センサー」。もうひとつは人の動きを解析する「モーションセンサー」だ。

 振動センサーはラケットにボールが当たる際、その振動を波形を解析し、ラケットのどの部分にボールが当たったのかを表示するためのもの。この振動解析技術は、ソニーのオーディオ機器担当チームが商品開発で培った音楽音響解析技術を応用したものだという。

 モーションセンサーは加速度と角度を解析することで、ラケットをどのようにスイングしたかを認識する。この2つのセンサーが取得したデータをスマホ側で分析、閲覧できる仕組みを取っている。また、取得したデータはクラウド上に蓄積されるので、IDを入力すればスマホが変わっても閲覧は可能。

一瞬の動きと一連の動きを2つのセンサーで認識している

 さらに、アプリ起動時にカメラモードにし、プレイを撮影すればボールを打ったときのデータと映像を同時に再生する機能も付いている。見たいスイングを選別、ダイジェスト再生にも対応しているので、ショットを打つときのフォームを確認する際に役立つだろう。

スマホアプリを起動するとTLのようにプレイしたデータが表示され、タップすると日ごとのショット数やショットの種別、さらにショットの種別をタップすると詳細情報が見られるアプリに送られたデータはFacebookへシェアも可能
サイズは直径31.3mm、高さ17.6mm。重さは約8gで、プレイへの影響を抑えたサイズと重さにしたという。なお、本体にはメモリーが内蔵されており、約1万2000球までのデータは本体側で保存が可能とのこと
発表会ではデモプレイも
本体のバッテリー駆動時間はスマホと連動時で約90分ほど。付属のクレードルに付ければおよそ90分ほどで充電完了。給電はクレードルにmicroUSBを差せばOKラケット装着時にクレードルを使えばカンタンにデバイスの取り外しができる。女性でも力を入れることなく脱着可能にするための配慮だ

 現時点では、スマートテニスセンサーに対応しているラケットは、ヨネックス社製の「VCORE Tour G」「EZONE Ai 98」など6製品。対応ラケットについては今後も増やしていく予定とした。また、本体価格は市場推定で1万8000円前後とのこと。

 今回、発表の最後に古海氏は「ソニーはCESにて、お客様の日常体験をさまざま面で可視化し、お届けする体験ベースの商品、“スマートウェア商品群”と、それに付随するライフログアプリケーションを発表した。今回のデバイスもスマートウェア商品群のひとつとして位置づけ、将来的にはライフログのアプリに連動、さらなる深い分析、体験を継続的に展開していく予定」とした。

■関連サイト

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン