このページの本文へ

それぞれのスピーカーユニットに独立したパワーアンプを搭載

筐体は「月食」をイメージ、最大出力74WのBluetoothスピーカー「Luna Eclipse」

2014年01月17日 20時45分更新

文● 八尋/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「月食」をイメージした筐体で、最大出力74WのBluetoothスピーカー「Luna Eclipse」

 プリンストンテクノロジーは1月17日、最大出力74WのBluetoothスピーカー「Luna Eclipse」を発表した。1月24日発売予定で、販売想定価格は1万9980円。

 Luna Eclipseは、「月面」をイメージした筐体が特徴で、19mmのシルクドーム型ツイーターと、82mmのバスドライバーを内蔵するスピーカーユニットを搭載。それぞれのスピーカーにツインパッシブラジエーターを採用し、迫力の重低音を実現しているという。

 メインスピーカーの本体にタッチセンサーを装備し、音量調節や再生/一時停止などの操作が可能だ。付属のリモコンで電源ON/OFと音量調節ができる。3.5mmステレオ入力端子を備えるのでPCやテレビと接続できる。

 リモコン、ACアダプター、電源ケーブル、スピーカー接続用ケーブル、3.5mmステレオミニプラグケーブルを付属する。カラバリはブラック/ホワイト/レッドの3色。サイズは約幅122×奥行212×高さ222mmで、重さは約4.0kg。

■Amazon.co.jpで購入

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン