このページの本文へ

フリッカー軽減機能もあり、目に優しい

LGエレクトロニクス、ベゼル幅1.1mmの23.8インチ フルHDディスプレー

2014年01月18日 00時27分更新

文● 松野/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「24MP76HM-S」

 LGエレクトロニクス・ジャパンは1月17日、非表示エリアが最少5.6㎜のフレーム「New CINEMA SCREEN」を採用した23.8インチ フルHD(1920×1080ドット)液晶モニター「24MP76HM-S」を発表した。 1月下旬より発売する。

 24MP76HM-Sは、ベゼル幅が約1.1mm、非表示エリアが最少5.6㎜の「New CINEMA SCREEN」をフレームに採用し、従来の「CINEMA SCREEN(10.5 ㎜)」の約半分の薄さを実現。AH-IPS液晶パネルを搭載し、独自の解像技術「SUPER+ Resolution」で高画質を実現しているという。視野角は水平178度/垂直178度、コントラスト比1000000:1、応答速度5ms。

 また、目に負担をかける原因とされるブルーライトを軽減する「ブルーライト低減モード」、輝度を調整するためのフリッカー(ちらつき)を軽減する「フリッカーセーフ」を搭載する。付属のCDでソフトウェアをインストールすれば、ウィンドウだけでなく、タスクバーをセカンダリモニターに表示したり、操作している二つのウィンドウを瞬時に分割して整理するなど、2画面表示を行うことが可能だという。高出力の5W+5Wステレオスピーカーを内蔵。

 価格はオープンで、市場予想価格は2万7800円。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン