このページの本文へ

グーグルが日本語ドメイン「.みんな」を提供開始

2014年01月16日 09時25分更新

加藤 宏之(HEW)/アスキークラウド

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 グーグルは16日、日本語ドメイン「.みんな」の提供を開始。登録の受付を開始した。「.com」や「.net」などのアルファベットではなく、ひらがな表記を採用した初のgTLD(ジェネリックトップレベルドメイン)となる。

 たとえば「楽しい節電.みんな」や「かきごおり.みんな」、「ハイキング.みんな」など、企業や個人が目的に沿ったドメインを作ることが可能。グーグルでは新たなコラボレーションやコミュニティが生まれることを期待し、新しい空間のキャンペーンサイトとして「はじめよう.みんな」も公開している。

 同サイトでは「.みんな」を説明するほか、紹介動画も視聴できる。また、開設してみたいサイトの名前(ドメイン名)を投稿(入力)することで、近いことを考えている仲間を見つけることが可能。「.みんな」の登録サービスを行っているサイトへのリンクも網羅している。「.みんな」が普及すると、ホームページ(インターネットサイト)の新たな活用方法が生まれそうだ。

「.みんな」の登録スケジュール

「.みんな」の登録スケジュール

関連サイト
■グーグルジャパン公式ブログ
■「はじめよう.みんな」サイト
■グーグルレジストリ(Google Registry)

カテゴリートップへ

ピックアップ