このページの本文へ

4Kやタブレットに注目!? 2014 International CESレポ第16回

ソニーモバイルの次世代サービス「SmartWear」ってナニ!?

2014年01月15日 12時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
「SmartWear」の概念について熱く語る黒住吉郎氏
「SmartWear」の概念について熱く語る黒住吉郎氏

 2014 International CESでソニーモバイルコミュニケーションズが発表した「SmartWear」。リストバンド型センサーの「SmartBand」とスマホを組み合わせて何かするものらしいが、ライフログ的なサービス……なのか、よくわからない点が多い。

 なぜかといえば、具体的なサービスの内容はまだ“未発表”だからだ。今回発表されたのはその概念のみ、ということ。

 そこで、SmartWearとはどんな概念なのか、同社のUX デザイン企画部門 UX商品企画部バイスプレジデント兼クリエイティブディレクターの黒住吉郎氏がグループインタビューの中で解説してくれた。

「SmartBand」のコアは、バンドの内側に埋め込み可能な小型センサー
これがセンサー単体。丸みを帯びたカーブはまさに付け爪を意識している!?
これがセンサー単体。丸みを帯びたカーブはまさに付け爪を意識している!?

 まず、SmartBandはただのリストバンドに過ぎず、重要なのはその中(脱着式)にある小型センサーであることをおさえておきたい。

 この中には加速度センサーなどのごく基本的なセンサーやバッテリーが収まっており(具体的にどんなセンサーが入るのかはまだ非公開だが、1回の充電で1週間程度駆動させることができるぐらいの規模のもの)、本体上部には小さなボタンがついている。

本体上部のボタン。何かに感動したらこのボタンを押す 本体上部のボタン。何かに感動したらこのボタンを押す

 このボタンがキモで、リアルな日常生活における小さな感動――いわば「いいね!」を記録するためのものだという。黒住氏は写真を撮る行為を例に挙げ、「写真を撮るのは小さい感動があったから。そういった、ちょっとした感動を記録する」デバイスとのことだ。

 おそらく、このボタンを押すことでスマホ側に何らかの情報が記録される。それは単純に位置情報や加速度情報というものだけではないのかもしれない。スマホで聞いている音楽や見ている動画など、そのなかに感動があったらセンサーのボタンを押すだけでその状況が記録される、そういうものなのかもしれない。

 同氏によれば「より近い過去と未来をどうやってビジュアライズさせていくか」を目指しているという。

SmartWearのアプリのイメージ。上に人のグラフィックが走ったり、乗り物に乗ったりして活動を表現。下にはライフログ的なインジケーターが表示されている SmartWearのアプリのイメージ。上に人の姿のグラフィックが走ったり、乗り物に乗ったりして活動をビジュアルで表現。下にはライフログ的なインジケーターが表示されている

 この小型センサーのサイズやデザインにもこだわっている。イメージ的には“付け爪”のように、常に身に着けて持ち歩けるサイズを重視。このサイズ感を変更することはないようだ。

 今回はリストバンドに装着する形で発表しているが、必ずしも手首に巻くことを想定していない。首に巻くことも考えられるし、時計のバンドに固定する(昔あった、時計のバンドに取り付けるアルミ製のカレンダーのようなイメージ)など、とにかく常に身につけられるようなスタイルで製品化したいとのことだ。

 この意図について黒住氏は、スマートフォンよりも人間に近い存在――人間のちょっとした延長程度のデバイスを目指していることを強調。ちなみに、SmartWearのウェアには、「ウェアラブル」と「ソフトウェア」の意味がこもっているとのことだ。

カテゴリートップへ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン