このページの本文へ

4Kやタブレットに注目!? 2014 International CESレポ第14回

「Tegra K1」のパフォーマンスを実感できるNVIDIAブース

2014年01月10日 13時39分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
4Kディスプレー3枚にゲームを表示、なんて贅沢な……

4Kディスプレー3枚にゲームを表示、なんて贅沢な……

 65インチの4Kディスプレー3枚に巨大なゲーム画面が映し出されているNVIDIAのブース。4枚の「GeForce GTX Titan」カードをSLI接続し、1台PCから出力している。

「GeForce GTX Titan」カード4枚で出力している

「GeForce GTX Titan」カード4枚で出力している

Visual Computing Moduleの展示デモ

Visual Computing Moduleの展示デモ

Tegra K1タブレットのリファレンスモデル。3DCGがグリグリ動いている

Tegra K1タブレットのリファレンスモデル。3DCGがグリグリ動いている

 そんな同社のブースでひときわ目立っていたのはモバイル向けプロセッサー「Tegra K1」の展示。Tegra K1を用いた車載向けプラットフォーム(Visual Computing Module)や、Tegra K1搭載タブレットのリファレンスモデルが稼動状態で展示されていた。

「SHIELD」の試遊デモ機が大量に並んでいた

「SHIELD」の試遊デモ機が大量に並んでいた

 また、携帯ゲーム機「SHIELD」のスペースも大きくとられており、グリッドゲームサービスの「GRID」をプレイできる状態で展示してあった。

「Steam Machine」。左がAlienware、右がCyberPowerPC

 このほか、AlienwareとCyberPowerPCの「Steam Machine」(ゲーム機用OSであるSteamOSを採用するPC)のプロトタイプ機も展示されていた。

■関連サイト

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン