このページの本文へ

大量の非構造化データを取り扱う製造業やメディア企業、研究機関など向け

日本SGI、オブジェクトストレージ「OmniStor」を発売

2014年01月08日 14時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 日本SGIは1月8日、同社初となるオブジェクトストレージ製品「SGI OmniStor」の販売を開始した。テキストや画像など大量の非構造化データを取り扱う製造業、メディア/エンターテインメント企業、研究機関などへの販売を想定している。

 SGI OmniStorは、同社のストレージハードウェア「SGI Modular InfiniteStorage(MIS)」(関連記事)に、オブジェクトストレージ構築のための専用ソフトウェア「Organic RING」を組み込み、最適化したアプライアンス製品。最小構成単位は管理ノード1台とストレージノード3台の組み合わせで、4Uサイズのストレージノード1台あたりの物理容量は最大288TB。1ラックでは最大2.8PBの物理容量を実現する。

SGI OmniStorは、同社の高密度ストレージハードウェアにオブジェクトストレージ専用ソフトウェアを組み込んだアプライアンス製品

 複数ノード構成を前提とするOmniStorは、分散アクセスによる負荷分散でアクセススピードの向上を図っている。また、ノード間での自動データ複製機能を備えており、RAIDと同等レベルのデータ保護が可能としている。

 データへのアクセス方式は標準方式のHTTP RESTのほか、AWSのAmazon S3、SNIAが策定するCDMI、OpenStack Swiftなどの方式もサポートする。

大規模構成の場合は、ストレージ要件(パフォーマンスや保護レベルなど)に応じた「Ring」を構成させることができる

 OmniStorの参考価格(デュアルサーバ×3台:864TB、オブジェクトインタフェースモデルの税抜価格)は、4916万6200円となっている。

■関連サイト

カテゴリートップへ

ピックアップ