このページの本文へ

Officeで始める快適Mac生活 第4回

どんなドキュメントも手早く入力

Office for Macを、ショートカットキーでもっと快適・便利に操作する

2014年01月08日 12時00分更新

文● 海上忍

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ショートカットキーで書式設定(Word編)

 Wordで文書を作成するときは、ひとまずプレインテキストの文章を入力し、その後書式設定を施すことがオーソドックスな方法だ。しかし、入力したテキストに書式を設定する作業は、すべてをマウス/トラックパッドでこなそうとすると時間がかかる。ドラッグで範囲指定して書式設定のボタンをクリックするよりも、[shift]+方向キーで範囲指定し書式設定のショートカットキーを押すほうが、作業は格段にスピーディーになる。

 表1に挙げたショートカットキーは、書式設定の基本ともいえるものばかり。文章の先頭にカーソルを置き、方向キーで移動しながら必要な部分を([shift]キーと方向キーの同時押しで)選択、ショートカットキーで書式設定を施していくというスタイルだ。キーボードから手を離さず作業できるぶん、効率は大幅にアップする。作業をやり直すことを踏まえ、書式削除のショートカットキーもあわせて覚えておこう。

効果 ショートカットキー
書式設定パネルを表示 command+D
太字(Bold)を適用/解除する command+B
斜体(Italic)を適用/解除する command+I
下線(Underline)を引く/消す command+U
二重下線を引く/消す command+shift+D
英字の大文字/小文字を切り替える shift+F3
フォントサイズを1ポイント大きく command+終わり角かっこ(])
フォントサイズを1ポイント小さく command+終わり角かっこ([)
書式のみコピーする command+shift+C
書式のみペーストする command+shift+V
書式を削除する command+shift+Z

 ぜひマスターしておきたいのは、書式のみのコピーとペースト。Mac版のWord 2011でも、[command]+[shift]+[C]と[command]+[shift]+[V]キーの組み合わせ([Ctrl]キーと組み合わせるWindows版に慣れている場合は注意)を使えば、[標準]ツールバー上にある[書式を別の場所にコピーします]アイコンをクリックする必要はなくなる。

太字や斜体を適用/解除する作業も、ショートカットキーを覚えておけば断然スピーディーになる

書式のみのコピーとペーストを行なうショートカットキーは、利用する場面がかなり多い。ぜひ覚えておこう

カテゴリートップへ

この連載の記事
Apple Store オススメ製品

ASCII.jp RSS2.0 配信中