このページの本文へ

光学50倍超望遠で防塵・防水!

富士フイルム、CES2014にて全天候型「FinePix S1」など5製品を発表

2014年01月06日 19時25分更新

文● 行正和義

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

一眼機のような大柄ボディは同社のハイスピード超望遠機ならでは

 富士フイルムは1月6日、CES2014にて全天候型デジカメ「FinePix S1」を発表した。日本国内では「FinePix HS50EXR」の後継機種と言えるモデルで、光学50倍ズームのほか、防塵防水機能が特長。

バリアングル液晶を装備する

 撮像素子に1/2.3インチの1640万画素CMOSセンサーを採用し、5軸光学式手ぶれ補正付き光学50倍(24~1200mm相当)レンズを搭載。新開発のノイズリダクションはISO12800まで増感でき、マルチプロセッサによる並列処理により起動時間0.68秒、最大連写速度0.65秒と高速なのが特長。 大柄なボディには92万画素EVFとバリアングル液晶を装備し、WiFiも内蔵する。

WiFi接続により画像のスマホ転送のほかスマホによるカメラコントロールも行える

 撮影機能としてはオート/マニュアル露出のほかアーティスティックフィルタ、インターバル撮影、フルHD動画撮影、シャッターボタンを押しながらカメラを回すことでパノラマ撮影も可能。WiFiを活かしてスマホ側から撮影コントロールも行える。

このクラスとしては珍しい防水・防塵機能は使い勝手のよいロングズーム機らしくさまざまな活用ができそうだ

 防塵・防水機能については詳細は不明ながら、雨の中や砂塵の多い環境でも安心して利用できるという。

X100Sにもブラックボディが追加された

 このほかレンズ一体型プレミアムコンパクトデジカメ「FUJIFILM X100S」のブラックボディモデル、光学50倍のロングズーム入門機「FinePix S9400W」(WiFi搭載)「同 S9200」、光学36倍ズームレンズ搭載のコンパクト機「FinePix S8600」、WiFi機能を新たに搭載した水中撮影も可能な防水コンパクト「FinePix XP70」などが同時に発表された。

FinePix S9400W(上2機種)とS9200

FinePix S8600

FinePix XP70

 いずれも日本での発表時期、価格などは不明。

■Amazon.co.jpで購入【既存モデル】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン