このページの本文へ

経路検索アプリとしては国内初のスマートウォッチ連携

「乗換案内」がスマートウォッチに連動! アラームで乗り過ごしを防止

2013年12月20日 19時43分更新

文● 行正和義

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

スマートウォッチ表示イメージ

 ジョルダンは12月20日、Android向け経路検索アプリケーション「乗換案内」バージョン1.7.1にアップデートし、新たにスマートウォッチ連携機能を搭載した。

利用イメージ

 ソニーモバイルコミュニケーションズ製「SmartWatch 2 SW2」への通知する機能で、乗換案内の経路検索結果画面から情報を送信、電車を乗り降りするタイミングでスマートウォッチへ通知するとともに、経路検索結果をスマートウォッチ側で確認できる。

経路検索した結果からどのタイミングで通知を行うかを指定できる

 これにより、利用者はスマホを取り出すことなく経路を確認し、乗り過ごしも防止できるという。Androidアプリ「乗換案内」は無料で、利用にあたっては追加アプリ「乗換案内 for SmartWatch2」のインストール(無料)が必要となる。新バージョンおよび追加アプリともすでに公開されている。

■Amazon.co.jpで購入

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン