このページの本文へ

Google、著者情報の顔写真表示を15%削減 - 低品質サイトが対象

文●渡辺隆広/SEMリサーチ

2013年12月20日 08時09分更新

記事提供:SEMリサーチ

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

Google、著者情報の顔写真表示を15%削減 - 低品質サイトが対象

米GoogleウェブスパムチームトップのMatt Cutts(マット・カッツ)氏は2013年12月19日、検索結果のリッチスニペットに表示される著者の顔写真表示を15%程度減らしたことを認めた。先日開催されたPubConの講演にて同氏は、あまり権威性や信頼性が高くない著者情報が検索結果に表示されないようにする方針を示していた。

Google Authorshipを利用して自分のサイトとGoogle+プロフィールを紐付けることにより、検索結果のリッチスニペット(説明文)の左側に著者の顔写真を表示することができる。リッチスニペットに顔写真を表示させることで一般的にクリックスルー率の改善が認められることから、一部のサイト運営者がスパムで用いるなど悪用していた。

Matt Cutts: at PubCon 2013 Las Vegas on SEO, Hummingbird and More - YouTube


#
日本でも一部のサイト運営者が悪用していましたが、現在は非表示になりました。

カテゴリートップへ

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く