このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

ソニーのフルサイズミラーレス一眼「α7」の大幅アップデートを試した!

2013年12月20日 12時00分更新

文● ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
イメージ

 満を持して登場したソニーのフルサイズミラーレス一眼「α7」「α7R」だが、1点だけ“宿題”を残していた。

 ネットからカメラ本体にアプリをダウンロードすることで撮影機能を追加できる「PlayMemories Camera Apps」がほとんど両機種に対応していないことだ。

 ところが12月19日の夜、その状況が大幅に改善された。4つの撮影機能の追加が可能になったのだ。

 新たに対応したのは「ピクチャーエフェクト+」(無料)、「フォトレタッチ」(無料)、「レンズ補正」(1000円)、「多重露光」(500円)。このうちまったく新しいのは多重露光で、写真を重ね合わせることでユニークな写真に仕上げる機能となる。

多重露光

多重露光は単に写真を重ね合わせるだけでなく、1枚の写真を切り抜いてもう1枚の写真にシルエットとして合成したり、ぼかしの効果を演出するなど7つのモードを用意する
各モードを選ぶと、初回時には撮影方法が表示される
こんな感じの写真が撮れる

ピクチャーエフェクト+

オートで撮影した通常写真 オートで撮影した通常写真
ポップカラーポスタリゼーション
イラスト調 水彩画調
イラスト調水彩画調
パートカラー+(残す色を2色指定できる) ソフトハイキー+
パートカラー+(残す色を2色指定できる)ソフトハイキー+
トイカメラ+ ミニチュア+
トイカメラ+ミニチュア+
ソフトフォーカス 絵画調HDR
ソフトフォーカス絵画調HDR
トイカメラ+ レトロ
トイカメラ+レトロフォト
リッチトーンモノクロ ハイコントラストモノクロ
リッチトーンモノクロハイコントラストモノクロ

レンズ補正

レンズごとの周辺光量や倍率色収差、歪曲収差などを修正できる機能。レンズに合わせて調整した設定を保存できる

フォトレタッチ

カメラ単体での画像のトリミングや彩度調整が行なえる

 多重露光以外は従来のPlayMemories Camera Apps対応NEXで利用できた機能で、やっとα7/α7Rでも利用できるようになった形だ。

 このほか、スマホによるリモート撮影機能である「スマートリモコン」もバージョンアップする(スマホ側のアプリが「PlayMemories Mobile」で、カメラ側に導入するアプリがスマートリモコン。NEXやα7でリモート撮影を行なうには両方が必要)。

 新たにフラッシュや電動ズーム(パワーズームレンズ装着時)の操作がPlayMemories Mobile(スマホ)から可能となる。

前へ 1 2 次へ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン