このページの本文へ

エイジア、自動通知メールの販促システムを開始

文●通販通信

2013年12月18日 01時05分更新

記事提供:通販通信

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

 エイジアは12月16日、ECサイトの商品購入通知メールなど、Webサイト上でのユーザのアクションに応じて送信される自動通知メールを販売促進に活用できるサービス「WEBCAS marketing receipt(ウェブキャスマーケティングレシート)」の提供を12月24日より開始すると発表した。

 「WEBCAS marketing receipt」は、レコメンドエンジンと連携させることにより、自動通知メール内にユーザごとのレコメンド情報を盛り込み販売促進に活用できるほか、コンバージョンの測定やエラーメールの確認も行うことができる。

 また、顧客の既存業務システムから送信される自動通知メールを中継することで、販売促進とメール到達確認を実現。従来は必要最低限の情報しか記載できなかった自動通知メールをマーケティングツールとして活用でき、ユーザに新商品をアピールしたり追加購入を促したりする新たな機会が得られる。

 ■「WEBCASシリーズWebサイト」(http://webcas.azia.jp/

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く