このページの本文へ

MP3から卒業!? ハイレゾ音源環境を構築する!第2回

高級ウォークマンも入手困難!? 大人気のハイレゾ音源を解説!

2013年12月18日 12時00分更新

文● 外村克也

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ハイレゾ音源サイトによって配信ジャンルが異なる

「HDtracks」で扱うタイトルはほとんどが洋楽。クラシックやジャズだけでなく、ロックやポップスなども幅広くラインナップしている 「e-onkyo」は、国内ではいちはやくハイレゾ音源を配信しているサイト。アニソンからクラシックまで、扱う幅もタイトル数も多い
「HDtracks」で扱うタイトルはほとんどが洋楽。クラシックやジャズだけでなく、ロックやポップスなども幅広くラインナップしている「e-onkyo」は、国内ではいちはやくハイレゾ音源を配信しているサイト。アニソンからクラシックまで、扱う幅もタイトル数も多い

 HDtracksは海外のサイトだけに洋楽が圧倒的に多く、e-onkyoは国内のオーディオメーカーであるオンキヨーの関連会社(オンキヨーエンターテイメントテクノロジー)による運営のためか、邦楽に強い。

レーベルゲートが運営する「mora」。2013年の10月にハイレゾ版の配信を開始したばかり。これからの取り扱いタイトル拡大に期待 クラシックのハイレゾ楽曲が充実している「HQM STORE」
レーベルゲートが運営する「mora」。2013年の10月にハイレゾ版の配信を開始したばかり。これからの取り扱いタイトル拡大に期待クラシックのハイレゾ楽曲が充実している「HQM STORE」

 10月よりハイレゾ音源の配信を開始したmoraはレーベルゲートが運営するメジャーな音楽配信サイト。ウォークマンの公式音楽配信サービスでもあり、洋楽や邦楽に加えドラマ「半沢直樹」といったサントラのハイレゾ版も配信している。

 HQM STOREは高音質なPCスピーカーなどを手掛けるクリプトンが運営するサイト。クラシックのハイレゾ音源が充実しており、ブルーレイディスクオーディオタイトルのハイレゾ配信なども行なっている。

日本のインディーズシーンに強い「OTOTOY」 日本のインディーズシーンに強い「OTOTOY」

 インディーズのタイトルが充実しているのがOTOTOY。ジャンルとしてはロック・ポップスなどが中心だ。いずれも、アーティスト名や曲名から検索して、まずは聴きたい曲があるかをチェックしてみよう。

ハイレゾ音源を聴くための環境を揃える!

e-onkyoで売られているハイレゾ音源は「WAV」「FLAC」「DSF」の3種類がある。モバイルで扱いたい場合はFLAC、DSD対応DACを持っている場合はDSFといったように目的に応じて形式を選ぶ
e-onkyoで売られているハイレゾ音源は「WAV」「FLAC」「DSF」の3種類がある。モバイルで扱いたい場合はFLAC、DSD対応DACを持っている場合はDSFといったように目的に応じて形式を選ぶ

 こうしたサイトでは、ひとつのアルバムや楽曲につき、複数のフォーマットを配信していることがある。たとえば、e-onkyoでは「WAV(PCM)」「FLAC」「DSF(DSD)」の3種類の音源を買うことが可能。

 WAVは非圧縮音源で、容量が大きく、モバイル機器では取り扱いにくいが、汎用性が高く、再生可能なプレーヤーソフトも多い。

 FLACはオープンソースの圧縮音楽形式。圧縮とはいえ、可逆(元通りにもどせる)の圧縮形式となっているので、容量を抑えつつ劣化のない音質を楽しめる。ただし、WAVほど対応するアプリは多くなく、「foobar2000」や「VLC」といったFLAC対応のプレーヤーが必要だ。

 ハイレゾ音源の中には、さらにDSF(DSD)という形式で売られているものもある。これは、WAVやFLACとは違い、音声信号の処理を波形ではなく密度で分解して1bitの信号で記録するというもの。e-onkyoの解説によれば、2.8224MHz/1bitのDSF形式のファイルは、CDの64倍のサンプリング周波数で表現されるとのことだ。

「foobar2000」のメイン画面
「foobar2000」のメイン画面

 ハイレゾ音源を再生するためには、それぞれの形式に合わせた再生ソフトが必要となる。例えばFLACをWindowsで再生するには、多数の形式に対応した「foobar2000」を使うのが手っ取り早い。無償でダウンロードして使え、音源を再生させるだけならそれだけで十分だ。

 ただし、そのままではハイレゾ音源を再生しても、ほとんどの場合192kHz/24bitなどでの再生はできない。これはハードウェアの仕様によるが、PC内蔵のオーディオ機能ではハイレゾ音源に対応していないことが多いためだ。つまり、ハイレゾ音源を“いい音”で聴くためには、ハイレゾ対応のハードウェアを揃えるのが望ましい。

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン