このページの本文へ

サイボウズとデータセクションが協業し、データ分析提供

kintoneのデータ、2ステップでテキストマイニング可能に

2013年12月17日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 12月16日、サイボウズは業務向けクラウドアプリケーション「kintone」と連携したデータ分析ソリューションを提供すべく、データセクションと協業したことを発表した。協業の第1歩として、kintone上に蓄積される業務日報やアンケート情報等を簡単・安価に分析できるオンラインテキストマイニングサービス「Easy Mining」の提供を開始した。

 Easy Miningは、kintone上に集積されたアンケートや、コールセンターへの問い合わせなどのテキストデータを分析。テキスト内のポジティブとネガティブ表現の割合や出現頻度の多いワードを短時間で解析することが可能になる。誰にでも簡単に扱えるように、操作はkintone上のテキストをコピー&ペーストと分析ボタンのワンクリックの2ステップのみとした。2~3分でテキストマイニングができるため、自社サービスに対する要望や課題点といったアンケートデータの顧客の声を短時間で把握できるようになるという。

kintone上のテキストをコピー&ペースト分析ボタンで簡単にテキストマイニング

 Easy Miningの利用料は1週間2万円、1ヶ月で4万円(分析可能な行数:最大1万行、1行あたり分析可能文字数:最大1000文字)。kintoneは1ユーザあたり月額880円(税抜)で利用できる。

■関連サイト

カテゴリートップへ