このページの本文へ

ネット以外でよく使う通販、男性「TV」・女性「カタログ」

文●通販通信

2013年12月16日 00時59分更新

記事提供:通販通信

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

image1 エルテックスは12月13日、第2回通信販売調査レポート「通信販売に関する消費者調査2013」を発表した。

 調査結果によると、ネット通販をあまり利用しない消費者が、通販で買い物をする際に良く使うチャネルは、男性では「テレビ(地デジ)通販番組」、女性では「通信販売カタログ」と性別で差が出た。通販の各チャネルを利用する理由は、マスメディア(テレビ、新聞、雑誌、ラジオ)通販全般的に、「思わず買いたくなる内容だったから」という傾向で、ネット通販やカタログ通販では「時間を気にせず買い物ができるから」が目立った。

 通販の各チャネルに対して、不満や不安を持たない消費者は33~44%。ネット以外のチャネルでは「他の商品との比較検討が難しい」がトップ、次いで「商品の情報(説明、画像、映像など)が不十分」と回答した。

 オムニチャネル行動については、ネットチャネルを利用する場合、接触前の行動、後の行動はネットに寄りがちで、テレビや新聞の通販チャネル利用者のほうが、多様なチャネルに接触している傾向があるとした。

 調査期間は12月3日、4日。回収サンプル数は800件。

 ■「調査結果」(http://www.eltex.co.jp/eltexlab/20131213.html

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く