このページの本文へ

Google PageRank 更新、有料リンク販売サイトへの制裁も明らかに

文●渡辺隆広/SEMリサーチ

2013年12月11日 13時06分更新

記事提供:SEMリサーチ

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

Google PageRank 更新、有料リンク販売サイトへの制裁も明らかに

Googleが10カ月ぶりに PageRank をアップデートしました。この更新は、世の中の一般的なサイト運営者にとって何ら意味がない更新です。もはやGoogleツールバー上のPageRankの上昇下降を気にする必要は、一般的なSEOの実施において意味は特にありません。

一方で、ある特定の物事の状況を判断する場面において、依然として PageRank の変更値が参考になることがあります。例えば、有料リンクを販売しているサイトは、PageRankの変更値を見ることで Google にバレたか判定することができます。

つまり、リンクを過去/現在まで販売していたサイトの PageRank が急下降していれば Google からペナルティを科されたことになりますし、過去にPageRank値を大幅に下げられたサイトが元に戻っていれば、ペナルティは解除されたことになります。

前置きが長くなりましたが、PageRank の変動状況について簡単に調査しました。


有料審査型ディレクトリサイト:PageRank大幅下落を確認

有料審査登録型ディレクトリサイトは、(先日のGoogleによるガイドライン違反指摘を受けて)ディレクトリそれ自体が消滅してしまったものもありましたが、現存しているディレクトリの大半は PageRank が大幅に下げられていることが確認されました。特に、某社運営の、少数のメディアを束ねた高PageRankリンクネットワークは、軒並み大幅下落を確認しました。

なお、Googleはリンク販売をしていたサイトのドメイン全体に対してペナルティを適用するのではなく、問題のディレクトリを掲載しているURL(サブディレクトリやサブドメイン単位)でペナルティを科しています。本件も、/dir/ や /category/ など、問題のディレクトリを掲載しているURLでのPageRank下落を確認しました。


プレスリリース配信ネットワーク:PageRank下落確認できず

大手から中小に至るまで、配信先を数多く抱えるプレスリリース配信サイトの大半が、発リンクにnofollowを付与する対応もしたこともあるのでしょうか、PageRank の下落事例を確認することはできませんでした。


記事広告、ペイドメディア:Googleにバレていない

読者に広告であることを明示せずともリンクにnofollowを加える、あるいはアドサーバを経由させることで検索には影響を与えないよう配慮しているメディアが増加したせいか、『客観的に記事広告であることがわかる記事を掲載しているメディア』において PageRank の下落事例は確認できませんでした。

ただし、業界の知っている人は知っているペイドペディア、例えば -- 表向きはその道のプロが書いている記事だけれども実はそのコーナー自体が広告であるにもかかわらずインターネット上にはそのエビデンスが一切ないメディア -- は、さすがに Google も判定できないのでしょう、全く PageRank 対に変化はありませんでした。

その一方、あからさまに記事広告とわかるのに nofollow を加えないなどの対応をとっていないところは、PageRank が下がった?ようですが、記事広告が原因であるかの確証は得られませんでした。

#
Googleツールバーで参照できるPageRankは10段階による相対的な値にすぎないので、プラスマイナス1-2 の増減は当然起きうることであり、それに一喜一憂することもなければ、それ自体が検索順位に直接影響することもなく、そもそも過去の一時点の情報にすぎないので、一般的なサイト運営者は一切、気にする必要がありません。

ただ、本記事で紹介したように「Googleからガイドライン違反指摘された、インデックスから削除された」ような、重大な問題が発生したケースでは PageRank が大幅に下落または0(ゼロ)になるため、そういった事象を確認するためには PageRank 更新情報は活用することができます。もっとも、こんな情報を集めたいのはマーケット全体のトレンドを分析することを業務とする私のような立場の人間などごく一部なので…

カテゴリートップへ

WebProfessional 新着記事

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く