このページの本文へ

歪特性を大幅に改善した新回路を搭載

ラックスマン、セパレートアンプの最上位「C-900u」「M-900u」

2013年12月06日 20時08分更新

文● 行正和義

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
フルバランス構成のディスクリート・プリアンプ回路を搭載した「C-900u」

 ラックスマンは12月6日、コントロールアンプのトップエンドモデルの最新機「C-900u」およびステレオ・パワーアンプ「M-900u」を発表、12月下旬に発売する。

 C-900uは、2007年の「C-800f」の後継・上位モデルにあたり、歪特性を大幅に改善したODNF回路の最新バージョン4.0を搭載、音質劣化を抑えた音量調節を実現した新LECUA1000を採用するなど音質を向上させた。トーンコントロールや音量連動ラウドネス、外部プリ入力、ズーム表示機能などの機能も向上させている。 

金メッキ施したACインレットを採用するほか、RCA入出力端子には銅の導電率と真鍮の硬度を併せ持った新素材カッパーアロイを使用

 入出力端子はアンバランス3系統、バランス3系統/アンバランス2系統、バランス2系統。本体サイズは幅440×奥行き430×高さ130mm、重量は19.7kg。価格は115万5000円。

LEDによる電球色を再現した大型の針式アナログレベルメーターをセパレートアンプとしては11年ぶりに復活させている

 M-900uは、2006年発売の「M-800A」の後継・上位モデルにあたり、ODNF回路の最新バージョン4.0 を搭載、4×2構成の出力モジュールを採用するなど質的な向上が図られた。出力は150W(8Ω)~瞬時最大1200W(1Ω)、入出力端子はアンバランス1系統、バランス1系統/大型スピーカー端子1系統。

微小レベルのデリケートな音楽信号を不要な振動から守るグラデーション鋳鉄製レッグを装着

 本体サイズは幅440×奥行き485×高さ224mm、重量は48.0kg。価格は115万5000円。

■Amazon.co.jpで購入【既存モデル】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン