このページの本文へ

ASCII.jp編集部員イチオシの即買いアイテム ― 第3回

ノートPCの弱点がこれ一台で補える

排熱も音響もお任せ! スピーカー内蔵ノートPCクーラー「Massive SP Notebook Cooler」

2013年12月06日 19時25分更新

文● 松野/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
PCをセットした状態の「Massive SP Notebook Cooler」

 ノートPCの熱処理に悩まされている人は意外と多いのではないだろうか。購入当初は元気に動いていたPCも、ファンに溜まった埃などで次第に熱を持ちやすくなり、ゲームをプレイしようものならあっという間に熱暴走……。筆者も幾度かそんな目に逢い、扇風機の前にPCを持っていったり、保冷剤を下敷きにしてみたり、その場しのぎにも程がある対策を講じてみた(あまり効果はなかった)。

 しかしPCクーラーだけ買うのもなあ、もうひとつ何か便利な機能があればなあ、と贅沢なことを考えていたのだが、そんな悩みを解決してくれるのがThermaltakeのスピーカー内蔵ノートPCクーラー「Massive SP Notebook Cooler」だ。

 Massive SP Notebook Coolerが手に入ったので使用してみた。

パッケージと本体ファン部分はLEDで発光させることも
風量は800rpm~1,300rpmのあいだで調整可能筆者の11.6型ノート(右)との比較。ボリュームがある

 Massive SP Notebook Coolerは10型~17型ノートをサポートするクーラーで、140mm大型ファンを搭載し、本体側面には風量調整用ダイヤルが付いている。さっそくUSBケーブルでPCに接続し、風量を最大にしてみたが、ファンの稼働音はほとんど聞き取れないほど静か。設置面にやや角度がついているおかげでキーボード操作も快適だった。

両サイドのダイヤル。左側が電源・風量調整ダイヤル、右側がスピーカーのスイッチになっている

 また、本体両サイドにスピーカーを内蔵し、PCとステレオプラグで接続して音楽を楽しめることも大きな特徴だ。使ってみると低音域が強化され、臨場感が増すような印象があった。PC内蔵のスピーカーに不満を感じている人にはうってつけの機能といえるだろう。熱とスピーカー性能、ノートPCにおける二つの大きな弱点をこれ一台で補えるのはありがたい。

タイピングを補助する角度つきためしに15型ノートを載せてみた。幅いっぱいでも安定感は抜群

 仕事やネットなど普段の作業に使えるのももちろんだが、筆者のようにPCゲームを長時間楽しみたい人にはオススメの製品だ。アスキーストアで販売中。

カテゴリートップへ

この特集の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン