このページの本文へ

凸版印刷、流通向けCRMツール「お買い物アプリ」公開

文●通販通信

2013年12月05日 02時46分更新

記事提供:通販通信

  • この記事をはてなブックマークに追加
本文印刷

参考画像 凸版印刷は12月4日、買い物に役立つ情報がスマートフォンに集約できる流通向けCRMツール「お買い物アプリ」の提供を開始した。

 「お買い物アプリ」は、ID(顧客)ベースで会員証・クーポン・チラシ・キャンペーンなどのサービスをスマートフォンアプリに集約したCRMツール。スマートフォンを用いた会員証サービスや、クーポン・キャンペーン・チラシなどの情報配信ができる。基本プラットフォームをASPで提供することにより、導入企業は低価格での運用が可能となる。

 また、スマートフォンを介して顧客情報や各種サービスの利用状況をリアルタイムで把握できるため、精度の高いCRMが実現できる。さらに、導入企業向けにWebベースの管理ツールを提供、クーポンやチラシ、キャンペーン告知のコンテンツ管理も容易に行える。初期費用は500万円(カスタマイズなし)、月額費用は50万円から。

 凸版印刷は「お買い物アプリ」を全国の流通業界に向けて拡販し、コンテンツ制作やアプリの運用など関連受注を含め、2018年度までに20億円の売り上げを目指す。

Web Professionalトップへ

Web Professionalトップページバナー

この記事の編集者は以下の記事をオススメしています

ASCII.jp会員サービス 週刊Web Professional登録

Webディレクター江口明日香が行く