このページの本文へ

12Gbps SAS対応のエンタープライズ向けSANストレージも

ネットアップ、Eシリーズのオールフラッシュアレイ追加

2013年12月05日 06時00分更新

文● TECH.ASCII.jp

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 12月4日、ネットアップはオールフラッシュアレイ「NetApp EF550」とSANストレージ「NetApp E2700」「NetApp E5500」を追加した。

 Eシリーズは、同社がLSIロジックから買収したエンジニオ社のディスクアレイ装置をベースにしたシリーズで、 ストレージOS「clustered Data ONTAP」を搭載したFASと異なる製品ラインになる。ストレージ管理ソフトウェアである「SANtricity」ではダイナミックディスクプール、SSDキャッシュによるインテリジェントキャッシュティアリング、NetApp AutoSupporなどの機能を搭載し、新たに12Gbps SASにも対応した。

 新製品のEFオールフラッシュアレイでは、1/1000秒未満のサブミリ秒という応答性を持つ低遅延を実現し、2Uで最大96TBの容量に対応。また、NetApp E2700は中堅向けに高いコストパフォーマンスを実現した。モジュラー型のNetApp E5500は、SANtricityのデータレプリケーション機能と10Gbps iSCSI/16Gbps FC/SAS/InfiniBandなどの柔軟な対応インターフェイスを備え、高いデータ保護要件を満たすという。

 最小構成時の税抜参考価格はEF550が2930万円から、E2700が150万円から、E5500が900万円からになる。販売開始は12月の中旬から。

■関連サイト

カテゴリートップへ

  • アスキー・メディアワークス
  • 角川アスキー総合研究所
  • アスキーカード
  • アスキーの本と雑誌
  • 電撃オンライン - 電撃の総合ゲーム情報&雑誌情報サイト!
  • 電撃ホビーWEB - 電撃のホビー雑誌・書籍&ホビーニュースサイト
  • 電撃文庫 - 電撃文庫&電撃文庫MAGAZINEの公式サイト
  • 電撃屋.com - 電撃のアイテムを集めた公式ショッピングサイト!