このページの本文へ

毎週水曜日から毎日更新、樹林氏「漫画業界全体を盛り上げられれば」

DeNAが無料の「マンガボックス」創刊、金田一作者が編集長

2013年12月04日 20時00分更新

文● 貝塚/ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷
ディー・エヌ・エーが週間漫画サービス「マンガボックス」を発表。編集長は「金田一少年の事件簿」「神の雫」などで知られる樹林伸氏!

 ディー・エヌ・エーは12月4日、週間漫画サービス「マンガボックス」を発表した。

無料の週間マンガ連載サービス!

 マンガボックスは、連載漫画の配信サービスで、アプリ「マンガボックス」を通してユーザーに提供されるもの。毎週水曜日から毎日3〜5作品を更新し、1週間で全作品が更新されるなど、漫画連載誌に似た性質を持つ。アプリの価格・購読料は無料で、最新号を含む過去12号分が常時閲覧可能。会員登録なしで利用できる点も特徴だ。アプリはiOS 5.0以降、Android 2.3.3以降に対応する。

サービスの概要。アプリ、購読料は無料。全28作品での創刊となった
代表取締役社長 守安功氏エンターテインメント事業本部 川崎渉氏

 発表会では同社の代表取締役社長 守安功氏とエンターテインメント事業本部 川崎渉氏が順に登壇。サービスの概要およびアプリの利用方法などを説明した。

編集長は樹林伸氏。週刊誌としての編集方針は?

 サービスの開始にともない、DeNAは社内に漫画ボックスの編集部を設置。紙媒体の編集経験者や、元インターネットコンテンツの担当者を中心に組織するという。編集長には「金田一少年の事件簿」「神の雫」などで知られ、編集者としての経験も持つ樹林伸氏が就任。「漫画業界は低迷傾向にあると認識している。このアプリを通して漫画に触れる人が増えれば、漫画業界全体が盛り上げられるのでは」「最近のコンビニや書店は紐やバンドで漫画を縛っていることが多いので、立ち読みが難しくなってきている。立ち読みは漫画にとって重要な文化だった。このアプリなら無料で読めるので、中高生などが、スマートフォン、タブレットを通して漫画の楽しさに気付くいいきっかけになる。従来の立ち読みに取って変わるものになっていくと思う」と語った。

編集方針を語る樹林伸氏

 また編集方針については「カラーがないのがカラー。おもちゃ箱のように、様々なジャンルの作品が入っているものにしていきたい」「新人賞を設けたりといった動きもしたいが、新陳代謝は激しく。可能性のある作品はどんどん取り入れる。そうでない作品はすぐに連載をやめ、また新しいものを取り入れるといった具合に、デジタルコンテンツの強みを活かす」と語った上で、「すべては無料だからできること。DeNAという柔軟な発想力のある企業がこのサービスを開始するということに、大きな可能性を感じる」と述べた。

 作品の配信は12月4日の未明よりすでに始まっている。連載作品は講談社、小学館といった大手出版社と協業の上、作家が書き下ろした「高遠少年の事件簿/原作:天樹征丸 漫画:さとうふみや」「寸劇の巨人/原作:諫山創 漫画:hounori」「攻殻機動隊S.A.C/衣谷遊」など、全28作品。なお、「女に惚れさす名言集/地獄のミサワ」は毎日配信する。

将来的には連載作品を単行本化、電子書籍として販売

事業のポイントが図説された

 将来的には掲載作品を単行本化し、電子書籍として販売することで収益の確保を図る狙い。映像化、商品化といったマルチメディア展開も検討中としている。守安功氏によればマルチメディア展開は「資産の活用」に位置づけており、「基本的には単行本の販売で、事業として成り立つと認識している」とのこと。また、合わせて購読者のDeNAユーザーとしての取り込みも狙っていく構え。

終盤にはタレントの福田彩乃さんが編集長と共に登壇。「はじめちゃーん!」と七瀬美雪のモノマネ、「お・も・て・な・し」と滝川クリステルのモノマネを披露。会場を湧かせていた

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン