このページの本文へ

前へ 1 2 次へ

Windows 8.1にリニューアルされた「VAIO Duo 13」秋冬モデルを徹底検証 ― 第1回

Windows8.1搭載で「VAIO Duo 13」のパフォーマンスは向上したのか?

2013年12月09日 11時00分更新

文● 高橋量

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

総合ベンチマークの結果を比較

 次に、PCの総合的な性能を計測する「PCMark 7」による「VAIO Duo 13」のパフォーマンスをご覧いただこう。まずPCmark 7について見てみると、夏モデルのスコアが「4345」であるのに対し秋冬モデルでは「4061」とややスコアが落ちている。

秋冬モデルでの「PCMark 7」ベンチマーク結果
夏モデルでの「PCMark 7」ベンチマーク結果

 各テスト項目の詳細な結果を調べて見ても大きな差がついている項目はほとんどなく、秋冬モデルのほうが全体的にややスコアが低い結果となった。

PCMark 7の詳細なテスト結果
テスト項目秋冬モデル夏モデル
Lightwieight score26962931
Productivity score19512267
Entertainment score32823131
Creativity score75377948
Computation score1083411024
System storage score50315062
Raw system storage score36544264

 実際に複数のベンチマークを行なってみたが、数値としてはWindows 8.1を使用した秋冬モデルよりも、Windows 8搭載の夏モデルのほうが高速という結果となった。パーツ構成がまったく同じであることを考えると、OSの性能かドライバソフトの性能によるものなのかもしれない。ただ実際に使っている限りではそれぞれの速さの違いは体感できず、むしろインターフェイスが改善されたWindows 8.1のほうがストレスなく利用できるように思う。

 またWindows 8.1では省電力性能が向上し、セキュリティもより強固になったことを考えれば、総合的な使い勝手は向上しているとも考えられる。システムがアップグレードして各種ドライバが更新されれば、速度が改善されることもあるだろう。


ソニーストア

前へ 1 2 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン