このページの本文へ

ZOTAC「RAIDbox」

mSATA SSD×2の高速RAID対応外付けケースがZOTACから誕生

2013年11月29日 23時49分更新

文● 山県

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

 mSATA対応SSDを2台搭載できるモバイルRAIDケース「RAIDbox」(型番:RAIDBOX-UD10)がZOTACから登場。パソコンハウス東映で販売中だ。

ZOTACから登場したmSATA対応SSDを2台搭載できるモバイルRAIDケース「RAIDbox」

 「RAIDbox」は、mSATA対応SSDを2台搭載できるUSB3.0接続の外付けケース。RAIDレベルをRAID 0、RAID 1、JBOD、BIGから設定可能。RAID 0ではシーケンシャルアクセスで350MB/secの高速アクセスを実現するという。なお、RAID設定はディップスイッチで行ない、ドライブの取り付けはハンドスクリュー式のため、ツールレスで組み込むことが可能と、手軽に扱える点もうれしい。
 サイズは77.2(W)×120.3(D)×13(H)mm。USBバスパワー駆動で、電源不足を補うため、2又USBコネクターと5V電源用USBケーブルが同梱している。

RAID 0ではシーケンシャルアクセスで350MB/secの高速アクセスを実するという
RAID設定はディップスイッチで行なう仕組み。USB3.0に対応するRAIDコントローラにはProlific「PL2775」を搭載している

【関連サイト】

【取材協力】

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事
ピックアップ

ASCII.jpメール アキバマガジン

ASCII.jp RSS2.0 配信中