このページの本文へ

前へ 1 2 3 次へ

柳谷智宣の「神アプリの説明書」 第30回

名刺をその場でデータベース化できるiPhoneアプリを徹底解説

2013年11月28日 12時00分更新

文● 柳谷智宣

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

iPhoneの連絡先と連携する

 WorldCard Mobileは、登録情報を活用する手段が複数用意されているのも特徴だ。名刺データを画像やさまざまなファイル形式で出力し、iTunesやメール経由で共有できるのも便利。CSV形式でも、GmailコンタクトやiWork、Excelと複数のフォーマットに対応。iPhoneの「連絡先」にエクスポートすることもできる。

項目を選択し、共有アイコンをタップするとメニューが開く

iPhoneの連絡先はメニューの一番下にある

名刺データの登録時に、「iPhoneコンタクトに保存」をオンにしておけば、連絡先にも登録できる

 WorldCard Mobile形式のWCXFファイルに出力することも可能。端末を乗り換えたときなどに、バックアップから復旧できる。

名刺の選択し、左下のアップロードアイコンをタップ

Dropboxへのアクセスを許可する

名刺一覧の右下のダウンロードアイコンをタップ

Dropboxに保存されているWCXFファイルにアクセスできる

設定をマスターして登録時の手間を減らす

 初期設定のままでも手軽に登録できるが、設定をカスタマイズすればさらに手間を減らすことができる。例えば、名刺を取り込んだら、自動でiPhoneの連絡先にも登録するようにできる。

海外の人と名刺を交換することが多いなら「認識後国コードを追加する」をオンにしておこう。名刺の内容を認識し、自動的に電話番号に国コードを入力してくれる

Gmailアカウントを登録しておけば、連絡先にアクセスすることもできる。撮影した写真を画像として残しておきたいなら、「名刺画像を保存」をオンにしておこう

 名刺管理は、どんな方法でもいいが確立しておきたい。三日坊主にしないためには、なるべく手軽な方法がいい。となると、やはりWorldCard Mobileは神アプリだ。長く使いたいアプリなので、歴史があるのも高ポイント。価格は1000円と高めだが、2009年に登場してバージョンアップを重ね、使いやすくなっている。名刺管理で悩んでいるならオススメだ。


筆者紹介─柳谷智宣

著者近影 柳谷智宣

1972年生まれ。ネットブックからワークステーションまで、日々ありとあらゆる新製品を扱っているITライター。日経パソコンオンラインで「ビジネスPCテストルーム」、週刊SPA!で「デジペディア」を連載するほか、パソコンやIT関連の特集や連載、単行本を多数手がける。近著に「ポケット百科 GALAXY SII LTE 知りたいことがズバッとわかる本」(翔泳社)「Twitter Perfect GuideBook」(ソーテック社)、「Dropbox WORKING」(翔泳社)、「仕事が3倍速くなるケータイ電話秒速スゴ技」(講談社)。


前へ 1 2 3 次へ

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン