このページの本文へ

最新端末を丸裸! スマートフォン定点観測 第62回

「G2」「Xperia Z1」「Note 3」冬のグロスマの最速はどれ?

2013年11月22日 12時00分更新

文● 小林 誠、ASCII.jp編集部

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

文字入力テストは
Xperia Z1とLG G2がなかなかの結果

 文字入力テストはいつものように以下の文章を、片手操作で3回入力する。入力方法はGmailの新規作成画面でテンキーのフリック入力。予測変換は使わず、全文入力だ。

「お世話になっております。ライターの小林です。明日の13時にASCII.jpの件、よろしくお願いいたします。」

 ただし、GALAXY Note 3の片手入力は今回は不可能と判断した。片手で入力を続けているとバランスが悪くなり、落としてしまいそうだ。そこで参考としてフルキーボードとテンキーの両手入力テストを行っている。

 そのため実質G2とZ1の勝負となった。

  LG G2 Xperia Z1 GALAXY Note 3
入力プログラム LGキーボード 2.3.2 POBox Touch 6.2 iWnn IME 2.2.6
最速タイム 48秒56 46秒64 39秒81(両手)/
53秒30(フルキー)
平均タイム 56秒84 52秒28 42秒34(両手)/
1分0秒79(フルキー)

 これはXperia Z1のリード。本体が大きく、変換候補が押しづらいものの、そのわりに誤入力は無し。キーボードサイズはカスタマイズできるので、困ることも無さそうだ。

LG G2

Xperia Z1

GALAXY Note 3

 G2のほうが本体のサイズは良かったが、タッチしたときの反応がいまひとつ。フリックしたはずなのに、入力できていない、押しても反応していないことがあった。もっともそれでも最短タイムは50秒切っている。これらの数値は過去の機種と比べても上位クラスだ。

 ちなみに、5型以上のスマホで最上位になったのがXperia Z1だ。大画面、大型スマホでもスペックやソフトキーボード次第で挽回できる可能性があると言える。

本体の起動時間ではLG G2が勝利

 今回は新たに本体の起動時間も計測している。初期化したうえで、電源ボタンを押してからロック(あるいはホーム)画面が表示されるまでの時間を競う。これも3回計測している。

  LG G2 Xperia Z1 GALAXY Note 3
最速タイム 16秒49 32秒74 21秒61
平均タイム 17秒33 34秒42 22秒29

 これはLG G2が勝利。docomo、Xi、LGのロゴが表示される。GALAXY Note 3はau、SAMSUNGのロゴが表示。Xperia Z1はSONY、XPERIA、docomo、Xi、防水性能についての表示があり、ずいぶんと起動中の表示が多い印象だ。

カテゴリートップへ

この連載の記事

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン