このページの本文へ

年末年始の強力な相棒はこれだ

大掃除・年賀状整理に活躍するドキュメントスキャナをレコメンド!

2013年11月29日 11時00分更新

文● 二瓶 朗 撮影●小林 伸

  • この記事をはてなブックマークに追加
  • 本文印刷

ScanSnap iX500とSV600、どっちを選ぶ?

 前ページでは、PFUの「ScanSnap iX500」と「ScanSnap SV600」がファーストチョイスだった。ではさっそく、それぞれの製品概要を以下にまとめ、その特徴を把握しておこう。

●ScanSnap iX500

ScanSnap iX500。直販サイトで4万9800円、ファイリングソフト同梱のデラックス版は5万4800円

 PFUのドキュメントスキャナのラインナップで最上位機にあたる製品。新開発デュアルコアCPU「GI」プロセッサーを搭載し、データ化が非常に快適だ。

 Wi-Fi機能を標準搭載し、スキャンデータをパソコンへワイヤレスで送信可能。また、タブレットやスマートフォンからの操作もできる。読み取り速度は両面で毎分25枚・50面。名刺や年賀状のスキャン時には欠かせないOCR機能(文字検索可能なPDF作成)も備える。書類の大量読み取りに優れたドキュメントスキャナといえるだろう。

新開発の「GI」プロセッサーによってスキャン速度などが向上。また、業務用スキャナのノウハウを反映したことで耐久性や給紙性能もアップ


●ScanSnap SV600

ScanSnap SV600。直販サイトで5万9800円(ファイリングソフト同梱)

 デスクライトのような外観が特徴的。広げた書類を上方からスキャンする。読み取りサイズは最大A3ヨコで、雑誌の大半は見開きがOK。そしてなにより、おいそれと裁断できない貴重な冊子をそのままの状態でデータ化できるのが最大の強み。また、冊子スキャン時特有の傾きやゆがみも補正してくれる。

 さらに、ADF搭載のドキュメントスキャナが不得手な原稿をデータ化できるのもポイントだ。たとえば子供が描いたクレヨン画は、画材が読み取り部分に付着してしまう恐れがあるので通常のドキュメントスキャナではデータ化しにくいが、このScanSnap SV600なら接触せずに読み取れる。

冊子を見開きにした際のゆがみを自動補正してくれる。しかもページを押さえた指の跡を消去する機能付!

 この2台で自分の使い方に適合したほうを選べば、大掃除での書類整理も怖くないだろう。定型サイズの書類・名刺などはScanSnap iX500で高速かつスムーズに読み取ってデジタル化。他方、判型の大きい用紙やバラバラにできない冊子、子供の作品などなどはScanSnap SV600でスキャンすればいいだろう。

 そして何より、不要な書類に対する未練を捨てることが重要だ。データ化さえすれば後々参照&文字検索までできるのだから、ここはもう割り切ってスキャン→確認→ごみ箱へ、という作業を繰り返して片付けを進めていこう。

カテゴリートップへ

注目ニュース

ASCII倶楽部

最新記事

プレミアムPC試用レポート

ピックアップ

ASCII.jp RSS2.0 配信中

ASCII.jpメール デジタルMac/iPodマガジン